メイン画像

ゴールデンウィーク後半の3日(金・憲法記念日)から5日(日・こどもの日)にかけては晴れる所が多く行楽日和となりますが、6日(月・振替休日)は一転、西から雨に。7日(火)にかけて雨や風が強まるおそれがあります。帰省からのUターンや行楽予定の方は最新の天気予報をご確認ください。

3~5日は高気圧に覆われ晴天 6~7日は低気圧発達 メイストームか

画像A

ゴールデンウィーク後半の3日(金・憲法記念日)から5日(日・こどもの日)にかけては高気圧に覆われて晴れる所が多く、行楽日和となりますが、6日(月・振替休日)は西から発達した雨雲がかかり、風も強まりそうです。

6日(月・振替休日)は、低気圧が日本海へ進み、低気圧から延びる前線が西日本を通過するでしょう。低気圧は7日(火)にかけて発達して「メイストーム」となるおそれもあります。

「メイストーム」とは、急速に発達した低気圧がもたらす春の荒天のことで、台風並みの暴風が吹き荒れることがあります。

6日(月・振替休日)の天気は?

画像B

6日(月・振替休日)、九州は朝から雨で、雨の範囲は夜には近畿や東海あたりまで広がる可能性があります。前線の通過時には雨脚が強まることもあるでしょう。また、日本海の低気圧に向かって南よりの風が強まりそうです。低気圧の発達程度によっては、どしゃ降りの雨となったり、横なぐりの雨となったりすることが考えれらます。帰省からのUターンや行楽予定の方は車の運転や交通機関への影響に注意が必要です。

なお、まだ先の予想であり、低気圧の発達の予想にはばらつきがありますので、雨の降り方や風の強さなどが大きく変わる可能性があります。最新の情報をご確認ください。

荒天への備え 交通機関への影響

画像C

大雨や暴風が予想されるときは、以下のような交通機関への影響が懸念されます。

① 航空機や船舶の欠航
雨や風が強まると、航空機や船舶が欠航する場合があります。欠航は、大荒れのピーク時だけでなく、ピークの前後、数日間に及ぶ可能性もあります。

② 新幹線など列車の運休
観測された雨量や、土壌雨量指数(降った雨による土砂災害危険度の高まりを把握するための指数)が、事前に決められた安全基準を上回ると、列車が運休する場合があります。また、大雨になる前でも、事前の気象情報などにより、計画運休を行う可能性もあります。

③ 高速道路など道路の通行止め
観測された雨量が、事前に決められた安全基準を上回ると、高速道路など道路が通行止めになる場合があります。特に、アンダーパスは、大雨の際に冠水しやすいので、通行できなくなる可能性があります。

帰省やレジャーなど、お出かけを予定されている方は、事前にホームページなどで運行状況を確認するとよいでしょう。