メイン画像

今日30日(火)の午後は、すっきり天気回復とはいきません。九州から近畿はいったん雨がやんで日の差している所も天気の急な変化に注意を。東海や関東は昼過ぎにかけて所々で雨。北陸や東北、北海道は夜にかけて雨の降る所が多いでしょう。明日5月1日(水)も西から再び別の雨雲が広がってきそうです。

今朝は九州から北海道の所々で雨

画像A

今日30日(火)は、前線を伴った低気圧が四国沖を東進。朝の通勤通学時は九州から北海道の所々で雨が降り、一時的に雨脚の強まった所もありました。

また、午前9時には日本海に別の低気圧が発生し、こちらも前線を伴い東進しています。

午前11時現在は、九州や中国、四国は雨の止んでいる所が多く、一部では日がさしています。近畿から関東周辺には雨雲が点在しており、東北や北海道には、ややまとまった雨雲があります。

雨はいつまで

画像B

前線を伴った低気圧は、今夜には関東の東へ進むでしょう。また、日本海の低気圧は今夜にかけて発達しながら北海道へ進み、寒冷前線が本州を通過する見込みです。

九州から近畿は日の差す所がありますが、日本海側を中心ににわか雨の可能性があります。ゴールデンウィークの行楽など屋外でお過ごしの方は、急な雨にお気をつけください。
東海や関東は昼過ぎにかけて所々で雨が降りますが、夕方以降の帰宅時はやむ所が多い見込みです。
北陸や東北、北海道は夜にかけても雨の降る所が多いでしょう。東北では日差しの届いている所がありますが、天気の急な変化にご注意ください。

明日の通勤時も西日本は雨

画像C

明日5月1日(水)は、南海上の前線に早くも別の低気圧が発生し、東進します。

九州や中国、四国は朝から雨の降る所が多く、太平洋側を中心に本降りの雨となるでしょう。近畿から関東も昼前後から雨の降る所がありそうです。朝、出かける時に雨が降っていなくても雨具をお持ちください。