メイン画像

今日30日(火)は低気圧や前線の影響で、北日本を中心に雨。東海や関東の雨は昼頃にはやむ見込み。夏のような暑さが収まっても、湿気が多く、ムシムシと感じられそう。

大気の状態が不安定 落雷・突風などのおそれも

画像A

今日30日(火)は、本州の南岸を低気圧が進む予想です。また別の低気圧が日本海に発生し、夜には北海道付近へと進むでしょう。

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、本州の太平洋側や北海道を中心に大気の状態が不安定になりそうです。発達した雨雲の下では、急に強まる雨や落雷、突風、ひょうなどに注意ください。

各地で雨 北海道は風も強まる

画像B

今日30日(火)の各地の天気です。

沖縄は、晴れ間が出ますが、朝晩を中心に所々で雨が降るでしょう。

九州は午前を中心に雨の降る所がありますが、天気は回復に向かうでしょう。四国や中国地方は雲が多く、所々で雨や雷雨となりそうです。近畿は朝まで広く雨が降り、南部では局地的に雷を伴って雨脚が強まるでしょう。夜にかけても北部を中心に雨の降る所がありそうです。

東海と関東甲信は、昼頃まで雨が降るでしょう。沿岸部では雷を伴う所もあり、雨の降り方に注意が必要です。午後は雨がやむものの、雲の多い天気が続くでしょう。

北陸は時おり雨が降り、朝晩は雨の範囲が広がりそうです。東北は断続的に雨が降り、ザッと雨脚が強まることもありそうです。北海道は太平洋側ほど雨の降る時間が長く、沿岸部では風も強まるでしょう。

予想最高気温

最高気温は、昨日29日(月:昭和の日)と同じくらいか低い所が多いでしょう。

沖縄は、日中の気温が30℃くらいまで上がる所が多く、那覇は6月並みの予想です。朝晩もあまり気温が下がらず、ムシムシとした暑さが続くでしょう。

九州と四国、近畿は25℃前後、中国地方や東海は23℃から24℃くらいの所が多くなりそうです。湿度が高く、ムシッと感じられるでしょう。

関東甲信は23℃前後の所が多く、内陸では昨日29日(月:昭和の日)より5℃以上低い所もありそうです。雨上がりに気温が上がるものの、羽織る物で調節してください。

北陸や東北は20℃から23℃くらい、北海道は15℃くらいの所が多い見込みです。平年並みの所がほとんどでしょう。日本海側は、朝よりも夜の方が冷える所が多く、気温差に注意が必要です。