メイン画像

明日29日は西日本で雨となり、激しく降る所も。30日も曇りや雨の所が多く、北海道は本降りの雨に。広い範囲で日差しが届く1日から3日頃も一部でにわか雨。連休最終日の6日は再び西から雨雲接近。

明日29日(月:昭和の日) 西から活発な雨雲 激しい雨も

画像A

明日29日(月:昭和の日)は、低気圧や前線が西から近づきます。
沖縄は雨が降ったりやんだりで、雷雨の所もあるでしょう。九州と四国は断続的に雨。九州では昼頃まで、四国では夕方から雨脚が強まるでしょう。激しい雨により道路が冠水するなど、交通に影響が出る恐れもあります。中国地方と近畿も、午後は雨雲が広がり、次第に本降りの雨となるでしょう。東海から東北は日差しが届きますが、夜は所々で雨が降ります。北海道は大体晴れるでしょう。
日中の気温は、今日28日ほどは上がらない予想。それでも、近畿から関東を中心に25℃以上の夏日の所があるでしょう。暑さ対策が欠かせません。

30日は北海道で雨や風が強まる 1日から3日頃は所々にわか雨

画像B

30日(火)は低気圧が北よりに進むでしょう。九州から東北は午前中ほど多くの所で雨が降りそうです。北海道は昼頃から雨。低気圧が近づくため、雨がザッと強く降ることがあり、沿岸部を中心に風も強まるでしょう。
5月1日(水)から3日(金:憲法記念日)にかけて、広い範囲で日差しが届きます。ただ、上空を気圧の谷が通るため、西日本から東日本の太平洋側を中心に、にわか雨の可能性も。屋外のレジャーは、急な雨への備えがあると安心です。
4日(土:みどりの日)は、ほぼ全国で晴れ。5日(日:こどもの日)は大陸方面から前線が近づき、九州で雨が降るでしょう。
なお、気温は平年並みか高く、特に4日(土:みどりの日)は夏日の地点が多くなりそうです。

連休最終日は西から雨雲 その先 再び暑くなる

画像C

連休最終日の6日(月:振替休日)は、前線の影響で九州から東海で雨に。現時点の資料では、雨の降り方はそれほど強くならない予想ですが、前線の位置や、湿った空気の流れ込み方などにより、状況が変わってきますので、最新の気象情報に注意が必要です。
7日(火)は近畿から関東を中心に雨が降るでしょう。その先、日差しは届きますが、安定した晴天とはならず、連日のように所々で雨雲が湧いてきそうです。
気温は、この期間も平年並みか高いでしょう。8日(水)以降は広く夏日となる予想です。屋外の作業やスポーツなどをする方は、こまめな水分補給を心掛けてください。