UNISON SQUARE GARDEN、ベストAL受注生産限定盤の全貌公開

  UNISON SQUARE GARDENが、7月24日にリリースするバンド結成20周年記念ベストアルバムの受注生産限定盤の全貌を発表した。

  受注生産限定盤には既報の3枚のBlu-rayに加え、5月8日に下北沢 CLUB Queで開催する【UNISON SQUARE GARDEN 20th Anniversary & CLUB Que 30th Anniversary presents UNISON SQUARE GARDEN ワンマンライブ “流星前夜 -rebirth-”】のライブ映像収録が決定した。このライブはチケット争奪戦が予想されるとても小規模なライブハウス開催となるので、ファンにとっては非常に貴重なライブ映像となることだろう。

  新曲「アナザーワールドエンド」のミュージックビデオも収録。さらに、「DUGOUT ACCIDENT」に収録の下北沢 CLUB Queライブ映像もDVDからBlu-ray化したものを収録。豪華で贅沢なBlu-ray5枚に及ぶコンテンツを楽しめる内容となった。

  また、受注生産限定盤に収録する2011年「Populus Populus」日比谷野外大音楽堂でのライブ映像より、1曲目「3 minutes replay」から「kid, I like quartet」「カウンターアイデンティティ」「きみのもとへ」「オリオンをなぞる」などをダイジェストにしたトレイラー映像を期間限定で公開。受注生産限定盤の一般予約受付が終了となる5月15日までの期間限定公開となる。

  そのほか、受注生産限定盤にはブックレットやグッズが付属する。ブックレットには、sub tracks盤収録の各楽曲に関するメンバー自身によるライナーノーツを掲載。グッズは、ジャケットデザインに使用されているモチーフのフィギュアに、メンバーによるペンキペインティングを施す予定。これらすべてがBOXに収納され、さらにオリジナルの外袋に入った特別仕様になっている。

  バンド結成20周年記念作品ということで価格は税込20,000円。UNISON SQUARE GARDEN を存分に楽しめる、ファンには垂涎ものの内容となっている。受注生産限定盤は5月15日までの受付となる。


◎リリース情報
ベストアルバム『SUB MACHINE, BEST MACHINE』
2024/7/24 RELEASE
<受注生産限定盤(3CD+5BD+ライナーノーツ付ブックレット+グッズ(フィギュア)+BOX仕様)>
TFCC-81069~81076 / 20,000円(tax in.)
<初回生産限定盤(3CD+BD)>
TFCC-81077~81080 / 7,700円(tax in.)
<通常盤(3CD)>
TFCC-81081~81083 / 4,400円(tax in.)
※受注生産限定盤は5月15日(水)まで受付