高知県初の東横INNオープンに向けて

- 株式会社東横イン

2026年2月、47県目の東横INNオープンを目指して株式会社東横インは、高知県初となる東横INNのオープンに向けて、2024年4月23日、(仮称)高知大橋通りビル新築工事の地鎮祭を執り行いました。
東横INNのブランドコンセプトは「全国ネットワークの基地ホテル」で、現在、国内46都道府県に337店舗を展開しており、このたび着工する(仮称)高知大橋通りビル新築工事が完成すると、全国47都道府県すべてに東横INNが出店することになります。

このホテルは地上14階建、全209室で、シングル、ダブル、ツインルームなどを備えます。最上階に朝食会場を設け、高知城の眺望を楽しんでいただける設計にしました。繁華街の中央部に位置し、近くには高知の食の魅力がつまった「ひろめ市場」があります。

支配人はじめホテルスタッフは地元を中心に採用し、地域の雇用創出につなげます。館内にレストランや売店を設置せず、宿泊のお客さまによる地元店の利用、経済効果をもたらします。地域とともに発展することを、ホテル運営の重要なコンセプトの一つと考えています。

物件概要建築物名称:(仮称)高知大橋通りビル新築工事 
建設地:高知県高知市本町2-1-13
アクセス:JR土讃線「高知駅」徒歩25分、とさでん交通「大橋通」目の前
建築主:株式会社東横イン
設計監理:株式会社東横イン電建
施工:株式会社岸之上工務店、株式会社東横イン電建
敷地面積:698.49平方メートル
延べ面積:4,297.68平方メートル
規模(予定):地上14階 全209室 
シングル147室、デラックスシングル13室、ダブル11室、ツイン23室、
ハリウッドツイン12室、ハートフルシングル(R)2室、ハートフルツイン(R)1室
※ハートフルルーム(R)は、株式会社東横インの登録商標です。
駐車場:8台
竣工:2026年2月(予定)

東横INNとは「全国ネットワークの基地ホテル」をコンセプトに、1都1道2府42県に日本一の客室数を展開するビジネスホテルチェーン。空港や新幹線駅(※1)をはじめとして全国どこにでもあり、年間を通じて大きな価格変動のない「原則ワンプライス制」で、いつもそこにある安心感をお届けし、お客さま一人ひとりの出発を笑顔の「行ってらっしゃい」でお見送りします。海外は5カ国17店舗を含め全354店舗、総客室数は77,692室(※2)。
※1:東海道新幹線全駅に出店  ※2:2024年4月23日現在

会社概要会社名:株式会社東横イン https://www.toyoko-inn.co.jp/
代表者:代表執行役社長 黒田麻衣子
所在地:〒144-0054 東京都大田区新蒲田1-7-4
設立:1986(昭和61)年1月23日
事業内容:ビジネスホテルの運営
店舗展開:国内46都道府県と海外(韓国・フィリピン・モンゴル・ドイツ・フランス)