ニッキー・ミナージュ、公演中にファンから投げ込まれたブレスレットを避けて投げ返す

 アーティストがパフォーマンスしている最中に、ファンがステージに物を投げ入れるという大胆な行為が、音楽コンサートで憂慮すべき行為のトレンドとして台頭している。そんな中、ニッキー・ミナージュが、現地時間4月20日に米デトロイトで開催された【ピンク・フライデー2ワールド・ツアー】で新たな被害者の1人となった。

 代表曲「Starships」を披露している最中、ミナージュは観客席から投げ入れられたブレスレットを発見した。彼女は米NFLのコーナーバックのような運動能力を見せ、抜群の反射神経を活かしてブレスレットを振り払って避けた。

 投げつけられたブレスレットは、明らかにミナージュを苛立たせた。彼女はそれを拾い上げ、野球投手のように身をひねりながら、激しくそれを投げ入れられた観客席に向かって放り投げた。

 幸い、ミナージュはこの出来事に動揺することなく、コンサートを楽しんだ。彼女は公演後にXで「#GagCityDetroit 昨夜のショーで何が一番好きだったか? みんなのエネルギーがとても美しかった。大きな声で、ハッピーで、イケていて、可愛くてセクシーで、とにかく忘れられない素晴らしいエネルギーだった」と書き込んだ。

 ドレイクも、ステージに物を投げるファンに対応しなければならなかった多くのラッパーの1人だ。昨年、【イッツ・オール・ア・ブラー・ツアー】のデトロイト公演で、女性ファンがブラジャーなどをステージに投げ入れた。

 「これは俺たちが見たいものではない。結構大きいなぁ。デトロイトのみんなにやってもらいたいことがあるんだ。お願いだ。(新型コロナで)しばらく家にいなければならなかったけれど、こうしてこの場所に来られることにとても感謝している。ブラジャーを投げるのをやめてほしい。俺は片付け係になったような気分だ……ブラジャーを片付ける。これはクレイジーだ」とドレイクは当時話した。

 【ピンク・フライデー2ワールド・ツアー】を続けているミナージュは今週、米シカゴでの2公演とミネアポリスでの1公演を行う。楽曲に関しては、4月19日にトラヴィス・スコット、クリス・ブラウン、セクシー・レッドといったスターたちを迎えた「FTCU(Sleeze Mix)」をリリースしたばかりだ。