テイラー・スウィフト、ニューALの発売初日のセールスが全米で140万枚を記録
 現地時間2024年4月19日にリリースされたテイラー・スウィフトのニュー・アルバム『ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント』(TTPD)が初日から全米で大ヒットしている。データ・トラッキング会社ルミネートへの最初の報告によると、このアルバムは発売初日に従来のアルバム・セールスで140万枚を売り上げ、テイラーにとって全米でのアルバム・セールスが過去最大の週となった。(ルミネートのセールス、ストリーミング、ラジオ・エアプレイのデータが米ビルボードのチャートを支えている。この記事中の数字はすべて米国のものだ。)  さらに、このアルバムに収録されている31曲(ストリーミングとダウンロードのデラックス版で聴くことができる)は、4月19日に全米の公式オンデマンド・オーディオ・ストリーミングでで2億4,340万再生を記録し、ポスト・マローンをフィーチャーした同作からの1stシングル「Fortnight」が1,840万再生を記録した。この数字は、テイラーの前作『1989 (テイラーズ・ヴァージョン)』の21曲が初日に記録した1億1,000万再生の2倍以上だ。 このアルバムは、全米で初日に総計160万換算ユニットを売り上げた。この作品の前に1週間で100万枚を超えたアルバムは、テイラー自身の『1989(テイラーズ・ヴァージョン)』で、昨年末の初週に165万3,000枚を記録した(2023年11月2日に終わる週)。  ルミネートが提供するアルバムの初動売上とストリーミング配信に関する更なるニュースは数日中に報告される。  『TTPD』は、CD、レコード、カセット、デジタル・ダウンロードの全バージョンで140万ユニットを売り上げ、テイラーのアルバムとしては単独で最大の売上週を記録した。昨年再録された『1989(テイラーズ・ヴァージョン)』の初週売上が135万9000枚で、これが彼女にとってこれまでの最大売上週だった。 『TTPD』は当初、2024年4月19日に16曲入りの通常のデジタル・ダウンロード・アルバムと、17曲入りのフィジカル・アルバムとしてリリースされた。アルバム発売の2時間後、テイラーは31曲入りの拡張版を発表し、デジタル・ダウンロードとストリーミング・アルバムとしてリリースした。彼女は、「午前2時のサプライズ: “ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント”は秘密のダブル・アルバムです。この2年間でたくさんの苦悩の詩を書いたので、それをみんなと共有したかったんです。ということで”TTPD: The Anthology”(ザ・アンソロジー、選集)の2回目分です。15曲追加。そして今、物語はもう私のものではありません……すべてみんなのものです」と綴っていた  『TTPD』のセールスは今後増加し、現在の集計週は4月25日に終了する。このアルバムの最終的な初週売上枚数は、現地時間4月28日に発表され、5月4日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で高順位で初登場すると予想されている。もしこのアルバムがBillboard 200の首位を獲得すれば、テイラーにとって14枚目のNo.1アルバムとなり、自身が持つ女性最多記録を更新することになる。また、ソロ・アーティストとしてはジェイ・Zに並ぶ最多記録となる。Billboard 200で14作以上No.1を獲得しているのはザ・ビートルズだけで、記録は19作だ。 2008年の2ndアルバム『フィアレス』から2023年の『1989(テイラーズ・ヴァージョン)』までのテイラーのフル・アルバムおよび再録プロジェクト13作すべてが初登場1位を獲得している。