ポスト・マローン、テイラー・スウィフトへの心からのメッセージで「Fortnight」リリースに反応
 テイラー・スウィフトの『ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント』(TTPD)のオープニング曲でリード・シングルの「Fortnight」でデュエット・パートナーを務め、同曲の新しいミュージック・ビデオでも主演したポスト・マローンが、現地時間2024年4月20日にテイラーへの心のこもったメッセージを投稿した。 この楽曲を共作もしている彼は、二人のスナップ写真と共に、「@taylorswiftのような人がこの世に誕生するのは一生に一度だ。僕は君の心と知性に驚かされ、君の旅の手助けをするよう依頼されたことを光栄に思う。大好きだよ。ありがとうテイ」と綴っている。 二人の「Fortnight」MVは、アルバム発売日と同じ4月19日に初公開された。ほぼ全編モノクロの映像で、テイラーとポスティが演じる詩人たちのタイプライターからほとばしる創造的なエネルギーに関してのみ色彩が使われている。  テイラーが脚本と監督を手がけ、ロドリゴ・プリエトが撮影を担当した。主に映画の撮影監督(最近では『バービー』や『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』でクレジットされている)であるプリエトは、テイラーの「cardigan」、「willow」、「The Man」のMVも手掛けている。 「Fortnight」のMVについて、テイラーはインスタグラムで、 「これに登場するほとんどすべてが、アルバムの片隅か別の片隅の隠喩か言及です」と書き、この芸術的なクリップがシングル以上のものを代表していると説明した。「私にとって、このビデオはこのアルバムとその中で私が語る物語を完璧に視覚的に表現したものになりました」と彼女は綴っている。 そして、「苦悩する悲劇のヒーローとしの@postmaloneに、撮影現場で圧倒されました。私は彼がこのコラボレーションに注いだ全てにとても感謝しています」と付け加えた。  先週の金曜日にリリースされた「Fortnight」はSpotifyで1日に最も再生された楽曲となった。『TTPD』は2024年に1日に最も再生されたアルバムとなり、またSpotify史上唯一1日だけで3億再生を超えたアルバムとなった。 ダブル・アルバムとなった11thスタジオ・アルバム『TTPD』からのファースト・シングルを発表した際、テイラーは、「私はポストの大ファンでした。彼の(ソング)ライターととしての能力、その音楽的実験性、そしていつまでも頭に残るような彼の創り出すメロディーがその理由です。私たちが“Fortnight”で一緒に仕事をした時、その魔法が現実のものとなるのを目の当たりにすることができました」と語った。