完成披露試写会に、斉風瑞(さいふうみ)さん、菊池久志監督、井川遥さんが登壇!

- 株式会社ギグリーボックス

平素より大変お世話になっております。
1971年の開店以来、著名なクリエイターや文化人たちの食卓的存在となり、昼夜問わず賑わいをみせる中華風家庭料理の店「ふーみん」 と、 ふーみんママ のドキュメンタリー映画『キッチンから花束を』の5月31日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国順次ロードショーが決定しました。
そしてこの度、4月20日(土)にヒューマントラストシネマ有楽町にて完成披露試写会が実施されました。当日は、本作の主人公である斉風瑞(さいふうみ)さん、菊池久志監督、”語り”を担当した井川遥さんが登壇し舞台挨拶を行われました。
今イベントのMCを兼ねた菊池久志監督が登壇、まずは来場者、関係者の皆様にお礼の挨拶し、そしてふーみんママこと斉風瑞(さいふうみ)さんを紹介し登壇しました。

サプライズとして、ふーみんママの母親である大ママがスクリーンに大写しで登場。今日がバースデイで御歳100歳になる大ママの登場に、事前に聞かされていなかった来場者は驚き、拍手喝采で応えました。最後には会場が一つとなってハッピーバースディの合唱となりました。ふーみんママはが大ママの登場について次のように「母親の料理は家族に他する愛があるじゃないですか、言葉にはならない、そういう心だと思います。機嫌が悪いとそういう料理になるし、楽しければ楽しい料理になると思います」かたりました。
また、今回「料理がとてもキレイに美しく撮っていただいてとても感謝しています」
それを受けた菊池監督が「料理を物語のように伝えようと意識しました。斉風瑞の名前にある、優しい風が吹く映画ができたらねと思って作りました。」

またサプライズとして、本作の“語り”を担当した、井川遥さんが花束を持って登場。
ふーみんママは「ありえない現実」と涙ながらに嬉しさを隠せませんでした。
井川遥さんは、「この映画の”語り”を担当させていただき本当に嬉しくて、私自身、ふーみんさんとは四半世紀近くになると思うのですが、デビュー当時からプライベートでよく食べに行っていて、常連としてお客としてこんな形で参加させていただけるとは思わなくて本当に光栄です。ありがとうございました」と語りました。

最後にふーみんママが、「この映画はとっても優しさに包まれている映画ですね」というと、それを聞いた菊池監督が「なんかお腹空いてきたね」と最後を締めくくりました。ふーみんママの人柄が溢れる、ほのぼのとした舞台挨拶となりました。

★つきましては、オフィシャル・イベント・レポートとオフィシャル写真をお送りしますので、
是非とも本イベントの紹介をご検討頂けます様、お願い申し上げます。

斉風瑞(さいふうみ)と南青山「ふーみん」の物語
台湾人の両親をもち、日本で生まれ育った斉風瑞(ふーみんママ) 友人の一言から
1971 年、神宮前に小さな中華風家庭料理のお店「ふーみん」をオープン。父と母からもらった確かな味覚と温かな愛情。なぜ、「ふーみん」は 50 年にわたって愛されつづけるのか。様々なメニューが生まれたストーリー、ふーみんママと料理の原点。数々の証言、日本と台湾、そして斉風瑞の家族を 3 年半にわたり追いつづけた長編ドキュメンタリー映画作品。

中華風家庭料理「ふーみん」とは?
東京・南青山の小原流会館の地下に連日長い行列が出来る超人気店。
看板メニュー “納豆チャーハン”や、 故・和田誠さん(イラストレーター)が生み出した“ねぎワンタン”、”豚肉の梅干煮”など数々の名物料理をつくり出してきた。また、本編にも登場する平野レミさん(料理研究家)や五味太郎さん(絵本作家)など、時代を彩るクリエイターにも長年に渡って愛され続けている。

階段を下り、お店に入るとまず見えてくるのは開かれた大きな厨房。
何人もの大柄な料理人が腕を振るう中、
とても小柄なママが大きな中華鍋を振っている。ふーみんの慣れ親しんだ光景。
― 監督 菊池久志 ―

素材リンク:
●ポスタービジュアル・写真素材・予告編
https://drive.google.com/drive/folders/1NUjgiHoLeZNMwZ7Tv76Ii2K4v27F2rCz?usp=sharing

Youtubeリンク:https://youtu.be/4R58nPbK2OY?si=mDK2wmkxA5X958qn

公式HP:www.negiwantan.com   公式SNS:X、Instagra:@fumin_movie

【公開劇場情報】
●5/31(金)~公開
東京 | ヒューマントラストシネマ有楽町
愛知|伏見ミリオン座
大阪 | シネ・リーブル梅田
京都|京都シネマ
兵庫|シネ・リーブル神戸
福岡 KBCシネマ
栃木 | 宇都宮ヒカリ座

●6/8(土)~公開
北海道|札幌シアターキノ

●6/14(金)~公開
千葉|千葉劇場

●6/21(金)~公開
宮城|フォーラム仙台

●6/22(土)~公開
沖縄|桜坂劇場

●6/28(金)~公開
静岡|静岡シネ・ギャラリー
長野|長野千石劇場
長野|飯田センゲキシネマズ・シネマアウル

●順次公開
山形|フォーラム山形
群馬|前橋シネマハウス
静岡|CINEMA e_RA
広島|八丁座
広島|福山駅前シネマモード
本|Denkikan
大分|日田シネマテーク・リベルテ
鹿児島|ガーデンズシネマ ほか

斉風瑞 監督 菊池久志
語り:井川遥 台湾コーディネーター:青木由香
音楽:高木正勝 音楽プロデューサー:山田勝也
劇中イラスト:高妍 アートディレクション:GOO CHOKI PAR
照明:入尾明慶 粂川葉 プロデューサー:菊池久志 岩本桃子
ミックス:森浩一 配給:ギグリーボックス
メインビジュアル撮影:若木信吾 制作:エイトピクチャーズ

日本|カラー|DCP|16:9|89分|ステレオ|
※コピーライト:(C)Eight Pictures

5月31日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて順次公開