メイン画像

今日19日(金)の朝は昨日より気温が下がり、ヒンヤリ。一方、昼間は九州から関東で気温がグンと上がり、西日本を中心に25℃以上の夏日となる所も。朝と昼との気温差が20℃以上の所もあり、一日の寒暖差に注意を。

昨日の朝より気温低下

今日19日(金)の朝は、昨日より気温が低くなっている所が多く、ヒンヤリとした朝を迎えています。

東京都心の午前6時現在の気温は14.4℃で、昨日の同じ時間と比べて3℃くらい低くなっています。北風が強めに吹いており、薄着だとヒンヤリと感じられます。
昨日より5℃以上低くなっている所もあり、午前6時現在の気温は大分市で昨日より6.1℃低い10.7℃、松山市で昨日より5.5℃低い10.7℃、小田原市で昨日より5.7℃低い11.6℃です。

日中は昨日より気温アップ 寒暖差が大

画像B

一方、日中は沖縄や九州から関東にかけての広い範囲で晴れて、気温がグンと上がるでしょう。
最高気温は昨日より3℃前後高くなる所が多く、西日本を中心に25℃以上の夏日となりそうです。

朝と昼との気温差は20℃以上となる所があり、一日の寒暖差が大きくなるでしょう。

画像C

服装指数(※)を見てみますと、九州から関東では、朝は裏地付きのトレンチコートやジャケットが必要ですが、昼間は上着いらずです。長袖シャツでは暑いくらいでしょう。脱ぎ着しやすい服装を選び、上手に調節してください。

※服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどんな服装が適しているか提案します。お出かけする時間帯に合わせて調節できる服装にしましょう。人により暑さや寒さの感じ方が異なるため、あくまで目安とお考えください。