メイン画像

今日15日は、北海道から東海は大体晴れて、季節外れの暑さが続くでしょう。最高気温は6月から7月並みの所が多く、30℃予想も。近畿から九州は雲が増えて、次第に雨エリアが拡大するでしょう。沖縄は激しい雨や雷雨に注意・警戒が必要です。

北海道~東海は晴れて季節外れの暑さ続く

画像A

今日15日も北海道から東海は高気圧に覆われて、おおむね晴れるでしょう。たっぷりの日差しと暖気の影響で、季節外れの暑さが続きます。

最高気温は札幌市は24℃と7月上旬並みでしょう。旭川市は25℃予想と、道内で昨日に続き夏日となる所がありそうです。仙台市も25℃と今年初の夏日となるでしょう。秋田県横手市は29℃予想で、北日本でも真夏日に迫る暑さの所がありそうです。

金沢市や東京都心、名古屋市も25℃以上と体を少し動かすと汗ばむくらいの陽気でしょう。新潟県長岡市では30℃予想と真夏日となる可能性があります。

カラッとした暑さですが、体が暑さに慣れていない時期です。こまめに水分をとるなど、暑さ対策をなさってください。車で移動している方もいらっしゃると思いますが、車内は高温になりやすいので、注意が必要です。短時間であっても、子どもやペットを車内に残して車から離れないようにしましょう。

近畿~九州は雨エリアが次第に拡大

画像B

一方、九州の南には前線が延びています。

近畿は午前中は晴れますが、午後は雲が増えるでしょう。夜は所々で雨が降りそうです。お帰りが遅くなる方は折りたたみ傘があると安心です。中国地方や四国は雲が広がり、午後は雨雲がかかるでしょう。九州は断続的に雨で、雷を伴って、激しい雨の降る所もありそうです。

最高気温は大阪市は24℃と昨日と同じくらいで、5月上旬並みでしょう。広島市や福岡市は20℃くらいで、昨日より5℃以上低く、季節外れの暑さは収まりそうです。

沖縄は大気の状態が非常に不安定

画像C

沖縄は大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。

活発な雨雲や雷雲がかかっており、昼前まで激しい雨の降る所がありそうです。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意ください。