メイン画像

季節先取りの暑さ、今回のピークは明日15日とみられます。その先も、高温傾向が続く見込みです。身体がまだ暑さに慣れていない時期です。こまめに水分補給を行うなど、熱中症対策をとってください。

今日14日 季節外れの暑さ

画像A

今日14日は、全国的に季節外れの暑さになりました。
午後3時までの最高気温は、札幌市23.0℃で6月下旬並み、東京都心24.8℃で5月下旬並み、大阪市24.3℃で5月中旬並み、福岡市27.4℃で6月中旬並み、那覇市27.1℃で5月中旬並みになりました。

明日15日さらに気温上昇も 暑さのピーク過ぎても高温傾向

明日15日の最高気温は、今日14日より高くなる所があるでしょう。近畿から東北を中心に、25℃以上の夏日になる所がある見込みです。

今回の広い範囲での暑さのピークは、明日15日とみられます。とはいうものの、ピークを過ぎても高温傾向が続くでしょう。東京都心では、次の週末にかけて度々、夏日になる見込みです。

さらにその先、22日から26日の5日間平均気温は、平年より高い所が多く、沖縄・奄美、九州、中国地方、四国、近畿の中部、南部では、かなり高い予想です。

身体がまだ暑さに慣れていない時期です。こまめに水分補給を行うなど、熱中症対策をとってください。

なぜ高温に?

画像C

上の図は、上空5500メートル付近の大気の状態です。北極付近は青色で、高度が平年より低いことを示しています。一方、日本などがある中緯度帯はオレンジ色で、高度が平年より高いことを示しています。これは、寒気が北極付近に蓄積するパターンで、今回、高温傾向の原因の一つです。

さらにインド洋の海面水温が高いなどの影響で、22日頃にはフィリピンの東で高気圧が強まる見込みです。このため、沖縄・奄美、九州から近畿付近は暖かい空気に覆われるでしょう。かなりの高温になる原因です。