メイン画像

今週末13日、14日は北海道から九州まで晴れて、最高気温25℃以上の夏日になる所が多くなりそうです。15日も汗ばむ陽気の所がありますが、西から天気は下り坂。16日から17日にかけて広い範囲で雨が降りそうです。20日以降も平年を上回る暖かさが続くでしょう。

13日~19日の天気

明日13日から明後日14日は、高気圧に覆われて、全国的に晴れる所が多いでしょう。特に14日は仙台など東北南部から沖縄にかけて広い範囲で最高気温が25℃以上の夏日となりそうです。青森や盛岡など、東北北部では桜の開花が進み、お花見を楽しめそうです。

週明け15日から17日は、⽇本付近を気圧の⾕が通過する見込みです。15日は九州、四国で雨脚が強まるでしょう。16日は、東海、北陸から関東北部、東北に雨の範囲が広がり、雨の降り方が強まる所がありそうです。17日は北海道でも雨が降る見込みです。一時的に降り方が強まる所もありそうです。

18⽇は、再び高気圧に覆われるでしょう。19日にかけて東北から九州を中心に広く晴れる見込みです。

20日~25日の天気

画像B

再来週にかけても全国的に平年より気温の高い状態が続くでしょう。

昨日11日に気象庁が発表した早期天候情報によると、この先は暖かい空気に覆われやすく、九州南部は17日頃から、九州北部は18日頃から、中国地方は19日頃から、そして四国、近畿から東北は、20日頃から、気温がかなり高くなる見込みです。名古屋など夏日一歩手前まで上がる所もあり、汗ばむ陽気になりそうです。

20日から22日にかけて、九州から次第に東へ雨の範囲が広がる見込みです。ただ、雨が降っても気温は高めで23℃前後まで上がるでしょう。沖縄は短い周期で天気が変わりますが、連日25℃以上の夏日で、28℃くらいまで上がる日が多くなりそうです。