日向坂46、ハマスタ公演3日間で約10万人を動員 9月に宮崎で【ひなたフェス2024】開催決定

 4月6日、7日の2日間に渡って、日向坂46のデビュー5周年を祝うライブ【5回目のひな誕祭】が神奈川・横浜スタジアムで開催された。以下、同公演のオフィシャルレポートを掲載する。

 「そらいろ」をイメージカラーとする同グループが、ブルーを基調にした同会場で【ひな誕祭】を行なうのは、昨年に続き2度目。四期生の正源司陽子が表題曲初センターを務める11thシングル表題曲「君はハニーデュー」の初披露や、アンダーグループ「ひなた坂46」の発足も発表され、グループ創設以来の変革を印象付けるライブになった。

 また、前日の4月5日には、前身グループ・けやき坂46時代から8年間に渡ってグループを牽引してきた一期生の齊藤京子が、同会場で卒業コンサートを行った。ライブ中には、バラエティー番組『キョコロヒー』で齊藤と共演するヒコロヒーもサプライズゲストとして登場。番組発のふたりのデビュー曲「After you!」を披露した。さらに、後輩たちの期別曲に齊藤が参加したり、けやき坂46時代に歌っていた欅坂46の楽曲をパフォーマンスしたりと、一夜だけのスペシャルなライブとなった。アンコールでは、真っ白な肩出しドレスに身を包んだ齊藤京子が、卒業スピーチを行った。

 「もう、これで、本当に最後です。アイドル、とっても楽しかったです。私にとってアイドルは、心から天職でした。人生の中でアイドルになれたことは、私にとって一番の誇りです。かけがえのない思い出です。みなさんに出会えて、心から幸せです。今まで本当に本当にありがとうございました」

 ここからは、7日に行われた【5回目のひな誕祭】DAY2の模様を中心にレポートする。

 ライブは、ファンとのコールの掛け合いが楽しい楽曲「HEY!OHISAMA!」でスタート。アリーナ席に設置された花道や、スタンド席通路にもメンバーが登場し、日向坂46のライブらしくファンと近い距離でコミュニケーションを取った。続く「キツネ」では、特効の火柱が会場を熱くするとともに、間奏でメンバーたちが激しいダンスパフォーマンスを披露。そしてグループのモットーをタイトルにしたけやき坂46時代の楽曲「ハッピーオーラ」を歌唱した。

 一旦ステージにメンバーが集合して挨拶を終えると、キャプテンの佐々木久美が「伝説のライブにするぞー!」と気勢をあげる。そして佐々木美玲のソロダンスから「アザトカワイイ」、上村ひなののソロダンスから「Am I ready?」をパフォーマンス。キュートなアイドル性で会場を魅了した。「Am I ready?」では、横浜DeNAベイスターズのマスコット、DB.スターマンとDB.キララも登場し、サビのうさ耳ダンスを一緒に踊ってステージを盛り上げた。

 ここでMCへ。富田鈴花が「C&R」(=コール&レスポンス)と称して、「Say横浜! Sayひなた! Say中華! Say小籠包! Say焼売! Sayパンダ!」と、横浜の名物を列挙した。さらに、ひな誕祭の演出が昨年より進化していることに触れ、「毎年リニューアルアップしたい」と独特な表現をして会場を和ませた。

 ここからは期別曲のブロック。まずはスタンド席に設けられた特設ステージに四期生が登場し、「シーラカンス」をパフォーマンス。続いて三期生がスタンド通路をトロッコで移動しながら「青春ポップコーン」を歌唱。今度はスタンド特設ステージに一期生が上がり、「愛はこっちのものだ」をクールに踊る。最後は、メインステージで二期生がけやき坂46時代の楽曲「未熟な怒り」を歌った。ちょうど日が落ちたタイミングの横浜スタジアムを、けやき坂46のイメージカラーである緑のペンライトが覆った。

 さらに三期生のMCを挟んで、ラメ入りのガーリーな衣装に身を包んだメンバーたちが大きなフロートに乗って登場。アリーナ外周を一周しながら、「声の足跡」「思いがけないダブルレインボー」を歌唱する。

 続くMCでは、ファンが本当に盛り上がっているか靴を飛ばして占いたいと河田陽菜が提案。大きく蹴り上げた靴は、ステージ端から1cmのところでギリギリ止まったが、表でも裏でもなく横を向いているという「微妙なところ」という結果に。ここで、ファンの助けを借りて、これから1年間使用する「Overture」のボーカルトラックを収録することに。ファンは盛大な声で応え、微妙ではなく大盛りあがりしていることを証明した。

 次のブロックでは、小坂菜緒のソロダンスから「僕なんか」、佐々木久美のソロダンスから「君は0から1になれ」と、シングル表題曲&アルバムリードトラックで畳み掛ける。

 四期生の平岡海月と山下葉留花による、横浜スタジアムのアナウンス室からのMCを挟んで、ファンのリクエスト投票によって決まったユニット楽曲のコーナーへ。「三輪車に乗りたい」「やさしさが邪魔をする」「See Through」を続けて披露した。「三輪車に乗りたい」では、発表当時、佐々木美玲とともに楽曲を歌っていた卒業生の柿崎芽実の代わりに、濱岸ひよりが参加。「やさしさが邪魔をする」では、加藤史帆、上村ひなのとともに、卒業生の渡邉美穂の代わりに四期生の小西夏菜実が歌唱した。「See Through」は、「なおみく」コンビとして知られる二期生の金村美玖、小坂菜緒が、それぞれ黒一色、白一色の衣装を着て、息の合ったパフォーマンスを見せた。続いて、バックネット裏スタンドの屋上エリアに、富田鈴花と松田好花によるユニット「花ちゃんズ」が登場。夜空に一番近い場所から、「飛行機雲ができる理由」をアコースティックギターで弾き語りした。

 ここからは全体曲のブロックに。まずは、卒業したばかりの齊藤京子のセンター曲「月と星が踊るMidnight」を四期生がパフォーマンス。センターの小西夏菜実はじめ、気迫のこもった表情で先輩の意志を継承した。続いて、先輩たちが夏を先取りするようなアゲ曲「ドレミソラシド」を歌唱。さらに、丹生明里の「ハマスター、もっともっと声出していくよー!」というアオリから、「恋は逃げ足が早い」へ。再び四期生が「見たことない魔物」をパフォーマンスし、ラスサビ前にはセンターの藤嶌果歩が「おひさま(日向坂46のファンの愛称)、大好きー!」と元気よく叫んだ。

 そしてグループの全員でタオルを振り回しながら、「好きということは…」を歌唱。さらに、森本茉莉の「全員で行くぞ!」という掛け声から「NO WAR in the future 2020」へ。これも齊藤京子がセンターを務めていたライブ定番曲だが、今回の「ひな誕祭」からエレクトロニカ調のリミックスバージョンを使用し、楽曲の進化を見せた。また、間奏のダンストラック後には金村美玖が「騒げー!」と珍しく絶叫し、会場を熱狂させた。

 ここでスクリーンにVTRが流れる。正源司陽子の目元のアップから始まり、これまでの日向坂46の活動の中で訪れた、数々の「初めて」や仲間との“別れ”を振り返る。そして「さあ、みんなで、一緒に踏み出そう」という言葉とともに、メインステージに正源司が登場。この「ひな誕祭」で初めて披露された5月8日発売の新曲「君はハニーデュー」をパフォーマンスした。イントロでは過去の楽曲のセンターたちが登場し、新センターの正源司にバトンを受け渡すような振り付けも。アップテンポの明るい曲調と、全身を弾ませるメンバーたちのダンスが、6年目に向かうグループの若返りを印象付けた。

 これで本編が終了。アンコールを受けて再びステージに登場したメンバーたちは、まずはMCを行なう。先ほど新曲のセンターを務めた正源司は、昨日の初披露の経験をいかして今日はより楽しめたと言い、「自分では満足げなんですけどみなさんどうでした!」と笑顔でファンに感想を求めた。また、日向坂46はこの11thシングルから選抜制を導入。表題曲に参加しないメンバーたちによるアンダーグループの名称が、「ひなた坂46」に決定したことと、7月3日、4日に神奈川・パシフィコ横浜でライブを行なうことが初日に発表された。さらに2日目は、日向坂46と縁が深い“日本のひなた”宮崎県で【ひなたフェス2024】を行なうことを発表。イベントは9月7日、8日にひなたサンマリンスタジアム宮崎で行われる。日向坂46にとって初めての試みとなるライブの発表が続き、ファンは大きな拍手と歓声を送った。

 アンコール1曲目は、グループのライブ定番曲「誰よりも高く跳べ!2020」を披露。佐々木久美の「おひさまー、跳べー!」というアオリで、会場中が大ジャンプを見せた。そして日向坂46のライブには欠かせない「JOYFUL LOVE」へ。ファンのサイリウムが作る「虹」に包まれ、メンバーたちが優しく歌い上げる中、各期の代表がスピーチを行った。最後にマイクを取った佐々木久美は、次のように語った。

 「日向坂46はたくさんの夢を持っています。個人の夢だったり、グループの夢だったり。自分たちには大きすぎる夢も持っています。夢を持つことはときには無理だって言われたり笑われたり、そんなときもあるかもしれません。でも私たちは自分たちのことを信じています。そしておひさまのみなさんも、私たちのことを信じてくれてるんだなって、いつも感じています。だから、夢を見続けられます。今の日向坂46にもう迷いはありません。みんなで、手を繋いで、横一列になって、これからもずっと、歩き続けていきます。そして、おひさまのみなさんと一緒に、大きな夢をたくさんたくさん、叶えていきたいです。そんな未来が、絶対に待っていると信じて、日向坂46は歩き続けていきます」

 これでメンバーたちはステージを後にしたが、この日はダブルアンコールが発生。最後に、東京ドームへの思いが込められた「約束の卵2020」を歌った。初の選抜性を導入し、グループ結成以来の変革に取り組んでいる日向坂46。2022年以来の東京ドームへの進出という目標に向け、6年目を邁進していくことをファンに誓った周年ライブになった。

Photo by 上山陽介


◎公演情報
【5回目のひな誕祭】
2024年4月6日(土)、7日(日)
神奈川・横浜スタジアム

【11th Single ひなた坂46 LIVE】
2024年7月3日(水)、4日(木)
神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール

【ひなたフェス2024】
2024年9月7日(土)、8日(日)
宮崎・ひなたサンマリンスタジアム宮崎