リンゴ・スターによる4曲入りの新作『クルキッド・ボーイ』が発売される。2021年の『Zoom In』、『チェンジ・ザ・ワールド』、2022年の『EP3』、昨年の『リワインド・フォワード』に続く作品となる。

 『クルキッド・ボーイ』は、2024年4月20日に先行でレコード・ストア・デイ限定(白と黒の)マーブル・カラーの12インチ・アナログが発売され、デジタル・フォーマットは4月26日にリリースされる。CD、通常の12インチ・アナログは5月31日に発売となる。

 今作に収録されたオリジナル作品4曲のソングライティングとプロデュースはリンダ・ペリーが担当した。リンゴがボーカルを担当し、ドラムを演奏している。

 リンダとは、過去のリンゴのEPに収録された2つの曲でコラボレーションしている(『チェンジ・ザ・ワールド』収録の「カミング・アンダン」と『EP3』収録の「エヴリワン・アンド・エヴリシング」)。その後、彼女はリンゴにアプローチし、1枚のEPをプロデュースさせてもらえないだろうかと持ちかけた。そうして生まれた今回の『クルックト・ボーイ』は、「フェブラリー・スカイ」、「ゴナ・ニード・サムワン」、「アデリーン」、「クルキッド・ボーイ」という4曲のトラックで構成されている。

 リンゴは、「リンダは、僕のためにすばらしいEPを作ってくれた。彼女は自分のスタジオでこのEPをプロデュースしてから、その音源をこちらに送ってくれたんだ。そこに僕がドラムスとボーカルを付け加えた」とコメントしている。

 さらには、「“フェブラリー・スカイ”はすばらしいよ。とても悲しげな曲だけど、今回のEPに収められた4つの曲はリンダが僕のために書き下ろしてくれた曲なんだ。だから、もちろんこの曲にもポジティブなピース&ラヴの要素が否応なく含まれている」と語っている。

 「フェブラリー・スカイ」は4月12日からストリーミングおよびダウンロードの各プラットフォームで配信される。またリンゴのアーカイブから発掘された未公開映像を含むビジュアライザーも制作されている。


◎リリース情報
アルバム『クルキッド・ボーイ』
2024/5/31 RELEASE
UICY-16226 2,310円(tax incl.)
<トラックリスト>
1. フェブラリー・スカイ
2. アデリーン
3. ゴナ・ニード・サムワン
4. クルキッド・ボーイ