メイン画像

週明けの8日(月)と9日(火)は、雨の降る所が多く、関東では大雨に注意が必要です。その先は晴れる日が多くなりますが、気温は全国的に高く、25℃以上の夏日の日もあるでしょう。本格的に暑くなる前に暑さに体を慣らすことが大切になります。

1週目8日~14日 週明けは大雨に注意 水曜以降は晴天

画像A

新年度が1週間ほどたち、学生さんは今週から始動という方も多いでしょう。週明けの8日(月)と9日(火)は雨で関東では大雨に注意が必要です。10日(水)以降は晴れますが、気温は高く暑いくらいの日もあるでしょう。では、詳しく見ていきます。

明日8日(月)から9日(火)にかけては、前線が日本の南に延び、前線上を低気圧が通過するでしょう。東北から九州、沖縄の広い範囲で雨が降り、雨脚の強まることもありそうです。特に前線がかかり続ける沖縄や、低気圧が近くを通過する関東は大雨に注意が必要です。関東では9日(火)の昼前後に沿岸部を中心に降り方が強まりそうです。

10日(水)になると低気圧や前線は日本の東に進み、14日(日)にかけて本州付近は高気圧に覆われる見込みです。北海道から沖縄にかけて晴れる所が多いでしょう。12日(金)は、関東の南を低気圧が通過するため、関東では一部で雨が降りそうです。低気圧の進むコースによっては雨の時間が長くなる可能性もありますので、ご注意ください。

最高気温は、全国的に平年より高く、札幌でも20℃くらいの日が週明けや週の後半にあるでしょう。ただ9日(火)は10℃に届かず、前日から10℃以上低くなる予想です。気温の変化で体調を崩さないようにご注意ください。東北は20℃前後、関東から九州にかけては、20℃以上の日が多く、14日(日)は、名古屋、大阪、福岡で25℃の夏日の予想です。昼間は半袖でも過ごせるくらいの暑さとなりそうです。朝晩も気温は高めですが、昼間との気温差は大きくなりそうです。脱ぎ着しやすい服装を選ぶなど、体を冷やさない工夫をするとよいでしょう。沖縄は25℃前後の日が続く予想です。

お花見はいつまでできる? 夜桜見物は寒さ対策を

画像B

九州から関東にかけては、桜の満開の便りも続々と届いていますが、全国で最初に満開の発表のあった高知が3月31日で、満開から1週間に以上経過した所も出てきました。8日(月)から9日(火)の雨が、花散らしの雨となる所もあるでしょう。ただ、13日(土)から14日(日)の次の週末もお花見をできる所は多くありそうです。昼間は暖かいですが、夜桜見物の際は空気はヒンヤリするでしょう。長い時間楽しむときは、暖かい恰好がよさそうです。

この先は暖かい日が多いため、桜の生長も進み、長野や東北北部でも、今週の早い段階で開花の発表があるでしょう。日本気象協会が発表している桜の開花予想では、長野11日、秋田10日、青森で16日の予想です。もう少し先にはなりますが、札幌は24日の予想となっています。

2週目15日~20日 4月も後半も気温高い 早めに暑熱順化を

画像C

期間後半になると、高気圧は日本の東に移動し、湿った空気が流れ込みやすくなるでしょう。気圧の谷も通過するため、天気も西から崩れる見込みです。15日(月)は晴れる所は多くなりますが、九州で雨が降り出すでしょう。16日(火)になると雲の広がる所が多く、東海や近畿、九州で雨が降りそうです。17日(水)と18日(木)は、全国的に変わりやすい天気で、一時的に雨の降る所が多いでしょう。19日(金)と20日(土)は関東から東海を中心に雨が降りそうです。ただ、少し先のことなので、予報には幅があり、気圧の谷が通過する日や通過する場所など変わることもありそうです。最新の情報を確認するようにしましょう。

沖縄は湿った空気や気圧の谷の影響を受けて曇りや雨の日が多くなるでしょう。

気温は全国的に高い状態が続く予想です。雪が多く残る地域では、引き続き雪崩や雪どけによる被害に注意が必要です。札幌で17℃前後、仙台は20℃前後と昼間は過ごしやすいでしょう。東京から福岡は23℃前後の日が多く、東京や名古屋、大阪では25℃の日もあるでしょう。湿度も高くなりますのでムシムシとした暑さとなる見込みです。まだ暑さに慣れていない時期で、新しい生活が始まったかたは、そろそろ疲れも出てくる頃です。急な暑さで体調を崩さないようにご注意ください。

これから先も気温の高い傾向は続く予想となっています。熱中症にならないためにも、今のうちに暑さに慣れる準備「暑熱順化」をするとよいでしょう。定期的に運動や湯船に入る入浴などで、汗をかく習慣を作り、体を暑さに慣れさせるようにするにしてください。この「暑熱順化」は数日から2週間程度でかかりますので、本格的に暑くなる前のこの時期から始めるようにしましょう。