メイン画像

今日7日(日)は、日中は晴れて暖かくなり、お花見日和となりますが、花粉症の方は万全の対策をしてお出かけください。四国や中国地方から九州の広い範囲で花粉が「非常に多い」か「多い」予想です。この先の花粉予報を見ると九州では終わりも見えてきました。

今日も大量飛散 お花見の際はしっかり対策を

画像A

今日7日(日)は、日本の南に延びる前線の影響で、関東や九州南部など太平洋側の一部で朝まで雨が降りますが、日中は全国的に晴れ間が出るでしょう。季節先取りの暖かさで、最高気温は多くの所で20℃を超えて、25℃くらいまで上がる所もあるでしょう。

そのため、花粉も飛びやすく、四国や中国地方から東北にかけて、「非常に多い」か「多い」予想です。お花見など外に出られる方も多くいるとは思いますが、万全な対策が必須となるでしょう。スッキリしない天気で花粉のピークを過ぎつつある九州は「やや多い」や「少ない」予想ですが、敏感な方は注意が必要です。

上の図は、今日7日(日)午後3時スギとヒノキ花粉の飛散予測になります。スギ花粉はピークを過ぎている所が多いため、大量飛散ではありませんが、九州から東北にかけて、広い範囲で飛ぶ予想です。ヒノキ花粉は九州と関東を中心に飛散し、四国を中心に飛散量の多いことを示す濃い色も見えます。

九州では終わりが見えたか

画像B

今週も花粉対策はまだまだ必要となるでしょう。明日8日(月)と9日(火)は雨の降る所が多いため、飛散が抑えられそうです。

10日(水)以降は晴れて暖かくなるため、全国的に花粉の飛散が多くなるでしょう。特に10日(水)は雨上がりのため、より飛散量が増える恐れもあります。福岡では、晴れて気温も高く、花粉が飛びやすい条件の日でも「やや多い」予想の日も出てきました。花粉のピークを過ぎ、終わりも見えてきた形になります。敏感な方には少なくなってきたといっても辛い時期がもう少しだけ続きますので、対策をしっかりしてお過ごしください。

帰宅後の花粉対策

画像C

外出から帰ってきたら、うがいをしましょう。また、洗顔をして花粉を落とすとよいでしょう。髪の毛にも花粉が付着するのでしっかりとシャンプーをするのも効果的です。
花粉飛散シーズンに窓を全開にして換気すると大量の花粉が室内に流入します。花粉のピーク時に1時間の換気をしたところ、3LDKのマンション一戸で、およそ1000万個もの花粉が屋内に流入したとの実験結果もあります。感染症対策として、換気をする機会も多いかと思いますが、窓を開ける幅を10センチ程度にして、レースのカーテンをすることで、部屋の中に入ってくる花粉の数を、全開にした時と比べておよそ4分の1に減らすことができるという実験結果もあります。窓を開ける幅は少しでも構いませんので、なるべく換気しながら花粉を防ぎましょう。
なお、床やカーテンなどに花粉が多数付着している可能性がありますので、こまめに掃除をし、カーテンは定期的に洗濯をするとよいでしょう。