メイン画像

今日5日(金)、京都や広島、松山などから、続々と桜(ソメイヨシノ)満開の便りが届いています。平年より1日から3日遅い満開となっています。

全国8か所で新たに桜満開

今日5日(金)、京都、広島、松山、高松、大分、岡山、下関、甲府で桜(ソメイヨシノ)が満開となりました。

大分では、平年より1日遅く、昨年より2日遅い、
下関では、平年より1日遅く、昨年より5日遅い、
高松では、平年より1日遅く、昨年より7日遅い、
岡山では、平年より1日遅く、昨年より9日遅い、
京都では、平年より1日遅く、昨年より12日遅い、
広島と松山では、平年より2日遅く、昨年より8日遅い、
甲府では、平年より3日遅く、昨年より12日遅い、
それぞれ満開となっています。

桜の満開日とは

画像B

桜の満開日とは、標本木で80%以上のつぼみが開いた状態となった最初の日をいいます。(同時に咲いている状態である必要はありません。)

観測の対象は多くの地域でソメイヨシノです。ただ、ソメイヨシノが生育できない地域である沖縄県から名瀬にかけてはヒカンザクラ、北海道地方の一部ではエゾヤマザクラが観測されています。