Superfly、デビュー記念日にカバー企画「Superflyと歌旅」発表

 4月4日にデビュー満17年を迎えたSuperflyが、「Superflyと歌旅(うたたび)」と題したカバー企画を立ち上げることを発表した。

 同企画は、デビュー記念日にSuperflyの公式YouTubeチャンネルにてライブ配信された、J-WAVEのナビゲーターとしても活躍するnicoと越智志帆によるスペシャルトーク番組内で発表された。越智曰く、歌うことは旅をすることに似ており、歌を通じて様々な景色や季節を感じることができるという。4年半ぶりに開催されたアリーナツアー【Superfly Arena Tour 2024 “Heat Wave”】のMCでも話していた「歌うと心がすっぴんになる、自分らしくいられる」という気持ちから、みんなと一緒に歌で旅をしたいという思いを込めて「Superflyと歌旅(うたたび)」と名付けられた。

 邦楽曲を中心に、いろいろな世代、季節、時代、時には違う国にも旅をするような気分で届けていくという。このカバー企画の第1弾への足掛かりのひとつとして、4月11日22:00より放送のNHK総合『SONGS』にてスピッツの「楓」を披露したことも明かされた。

 現在、3月に終えたばかりのアリーナツアーを追ったドキュメントムービーがYouTubeで公開中。Superfly史上初となる撮影OKでパフォーマンスされた「春はグラデーション」に乗せて、バックステージの模様を交えた映像に仕上がっている。


◎番組情報
『SONGS』
2024年4月11日(木)22:00~22:45、NHK総合で放送
※4月15日(月)23:50~24:35、再放送あり
出演:Superfly、大泉洋、小林有吾(VTR出演)
歌唱楽曲:「愛をこめて花束を」「Ashes」「楓」「春はグラデーション」