メイン画像

今日5日(金)の関東地方は、朝晩を中心に所々で雨が降るでしょう。朝の通勤・通学時や帰宅時は傘が必要に。昼間も気温の上がり方は鈍く、寒さが戻ります。東京では昨日、桜が満開になりましたが、今日は花冷えの一日となりますので、暖かい服装でお出かけください。6日(土)は午前中に晴れ間があってお花見によさそうです。7日(日)は雲が増えて、南部を中心に雨の降る所があるでしょう。

朝晩を中心に「桜に雨」

画像A

今日5日(金)、関東地方は湿った空気の影響で、すっきりしない天気です。朝の通勤・通学時は所々で雨が降るでしょう。自宅付近では降っていなくても、通勤先で雨が降っている可能性があります。強い降り方ではないものの、傘をお持ちください。

昼頃からはいったん雨のやむ所が多いですが、雲が広がりやすいでしょう。夜は南部を中心に再び雨の降る所がありそうです。

冬の寒さ戻りに「花冷え」に

画像B

日差しが少なく、昼間も気温の上がり方は鈍いでしょう。最高気温は12℃前後と、昨日より5℃から9℃くらい低くなります。ひと月くらい前の気温で、冬の寒さが戻る所もありそうです。

東京では昨日、桜が満開になりましたが、今日は花冷えの一日となるでしょう。お花見など、屋外で過ごす方は寒さ対策が欠かせません。体を冷やさないよう、冬のコートや手袋など暖かい服装でお過ごしください。

土日はお花見できる?

画像C

6日(土)も雲が広がりやすいですが、午前中を中心に日差しが届くでしょう。寒さは幾分和らぐものの、最高気温は15℃前後と、日陰ではヒンヤリ感じることも。お花見はブランケットなど防寒グッズを念のため用意しておくとよいでしょう。夜になると雨雲がかかる可能性があるため、日中のお花見がおすすめです。

7日(日)は南部を中心に雨の降る所があるでしょう。曇りや雨でも気温は高めで、20℃くらいまで上がりそうです。なお、雨の降る場所や時間はまだはっきりしませんので、最新の天気予報をご確認ください。