メイン画像

東北地方は、11日(木)にかけて晴れる日が多い予想です。春の3K(花粉・乾燥・寒暖差)に加えて、6日(土)朝は福島で強い霜のおりる恐れがあります。12日(金)以降は、春らしく短い周期で天気が変わるでしょう。この先は季節先取りの暖かさとなる日が多く、桜の開花は順調に進みそうです。今週末は南部で、来週末は北部でお花見日和となる見通しです。

5日~11日 春の3K(花粉・乾燥・寒暖差)や遅霜に注意

画像A

北日本は高気圧の通り道となるため、この先は晴れる日が多いでしょう。空気の乾燥した状態が続き、花粉が大量に飛散する予想です。火の取り扱いに注意し、花粉症の方はマスクなどで万全な対策を心がけてください。前線から距離が近い福島では、8日(月)から9日(火)にかけて雲が広がりやすいでしょう。天気の大きな崩れはないものの、にわか雨の可能性があります。

気温は平年並みか平年より高い日が多く、最高気温はかなり高くなる日もありそうです。山など積雪の多い地域では、なだれや落雪に注意が必要です。

また、穏やかに晴れた日の朝晩は、放射冷却の影響で冷え込みが強まるでしょう。気温が4℃以下まで下がると、平地でも霜のおりる恐れがあります。特に福島県では、6日(土)朝の最低気温が平地でも氷点下となり、強い霜のおりる所がある予想です。

6日(土)朝に予想される最低気温は、いずれも低い所で
福島県中通りの山沿い  氷点下 3度
福島県中通りの平地   氷点下 1度
福島県浜通りの山沿い  氷点下 2度
福島県浜通りの平地       1度
福島県会津の山沿い   氷点下 4度
福島県会津の平地    氷点下 1度

地形の影響などにより、さらに冷え込む可能性があります。強い霜や凍害のおそれがありますので、農作物の管理に十分注意してください。

12日~17日 14日(日)は秋田で桜が満開に 広く晴れてお花見日和

画像B

日本気象協会が昨日3日に発表した「2024年桜開花・満開予想(第7回)」によると、4月10日(水)には秋田で、16日(火)には青森で開花する見込みです。秋田では4月14日(日)に、盛岡では15日(月)に満開を迎えるでしょう。14日(日)から15日(月)は広い範囲で晴れて、北部を中心にお花見日和となる見込みです。ただ、季節外れの暖かさで、15日(月)は山形で最高気温25℃以上の夏日になる予想です。昼間は汗ばむ陽気となりますが、朝晩との気温差が大きくなりそうです。体調管理に十分お気をつけください。

気温と服装の目安

画像C

気温と服装の目安では、気温が10℃より低くなると「ダウンコート」や「冬のコート」、気温が10℃を超えると「薄手のコート」や「セーター」となっています。

お出かけする時間帯に合わせて、調節しやすい服装を選ぶと良いでしょう。人によって暑さや寒さの感じ方が異なりますので、あくまで目安とお考えください。