作家本人の絵柄のみを学習させる「ピュアモデルAI」を使ったマンガ制作の取り組みを発表

- エンドルフィン株式会社

エンドルフィン株式会社(本社:東京都港区、代表:張鉉洙)、株式会社SUPERNGINE(本社:韓国、代表:KIM DONGJUN)は2024年3月27日、東京・永田町にて開催された一般社団法人マンガジャパン及びデジタルマンガ協会合同「早春の会」にて、ピュアモデルAIによって制作したマンガ作品を初披露いたしました。

詳細を見る
■ピュアモデルAIとは現在、市場で出回っている生成AIの多くは他の権利者の絵柄も学習した状態であるため、安易に使用してしまうと作家本来の”個性”が失われるだけでなく、著作権侵害のリスクもはらんでいます。
一方で、エンドルフィン株式会社と株式会社SUPERNGINEが提供するサービスは、契約した漫画家のデータだけを学習させる、ピュアモデルAIによるものです。
加えて、著作権者である漫画家の許可がなければ作動せず、また漫画家自身がそのすべての学習成果をコントロールできるよう、オーダーメイド型でサービスを提供いたします。
契約した漫画家のデータ以外の学習は徹底的に排除し、厳しい管理体制を構築することで、作家の著作権と作品のオリジナリティを守る「安全・安心」なサービスを展開しております。

<エンドルフィン×スーパーエンジン初のタッグ!><ピュアモデルAI 概念イメージ><安全・安心な管理体制>
ピュアモデルAIによる里中満智子先生、倉田よしみ先生作品の実現私たちが最優先に考えたのは、「作家の権利を守りながら、AIで漫画制作をサポートできる世界を創り出すにはどうしたら良いのか?」ということでした。
一緒にこの課題に挑戦してくださるパートナーを探していた折、ご縁が繋がり幸運にも「マンガジャパン」と連携する機会を得た私たちは、里中満智子先生、倉田よしみ先生ご両名の深いご理解と多大なる協力を受けて、AIがその制作工程の一部を担った、描き下ろしを含む2作品の発表に至りました。
ストーリー構成とネームまでをお二人の先生が担当し、以降の工程をAIが担当しています。
いずれも両先生のデータのみを学習させたピュアモデルAIを使用して制作しており、もちろん作家自身に著作権が帰属するAI作品となります。

里中満智子先生先生コメント:
自分が描いた絵だけを学習した まるでオーダーメイドのようなAIはまさに“自分の分身”です。
疲れを知らない自分がそこにいて、自分の絵を描いてくれるのです。

<里中先生作品>
倉田よしみ先生先生コメント:
ピュアモデルAIは自分専用の タイムマシンだ!
描けば10年はかかるであろう想像の中にあるマンガを瞬時に目の前に 出してくれた。
マンガを描くのが今まで以上に楽しくなりました。

<倉田先生作品1><倉田先生作品2>
上記、倉田先生の2作品は共に、左)倉田先生の描いたラフ 右)Pure Model AIの作成した画です。
*セリフの写植はクリエイターが対応しています。

今後の展開私たちが提案するAIサービスを通じて、5つの「できる」をクリエイターの皆様に提供して参ります。

1.短時間で作品を作ることができる
2.ネームと下描きだけで作品を作ることができる
3.次々と生まれてくるアイデアをたくさんの作品作りに反映することができる
4.負荷の高い単純作業を減らすことができる
5.作業が効率化されることでクリエイター自身が新しいチャレンジをする機会が増え、新しい収益をもたらすことができる

エンドルフィン株式会社、株式会社SUPERNGINE両社では「著作権の確保」と「最先端のテクノロジー活用」という2つの実現を視野に入れながら、「マンガの未来」の更なる進化・発展に貢献していく所存です。

エンドルフィン株式会社について『感動を創り出し、巡らせる!』をミッションに掲げ活動する、「WEBTOON」(フルカラー/縦スクロール漫画)の制作スタジオです。

韓国発祥のWEBTOONは、現在、世界的なヒット作が続々と登場し、世界中で注目を集めています。日本でも2021年以降、企業の参入が相次ぎ、目覚ましい動きを見せている中、当社は設立当初よりその市場性に着目し、市場開拓と制作に力を入れ事業を展開して参りました。
また、作業効率と品質の向上、そしてクリエイター人生を豊かにする「分業制」をいち早く確立させ、世界中の読者から愛される作品を多数発表し続けています。

「ヌリタス~偽りの花嫁~」「チュートリアルが死ぬほど難しい」「囚われ令嬢は絶対君主を手なずけてしまった」等、ヒット多数。

『日常に幸せいっぱいのエンタメを』を合言葉に、デジタルコンテンツを通して感動を生み出し、メディアミックスやグローバル展開によって更なる感動へと繋げていくことに挑戦し続けています。

~社名(en-dolphin/エンドルフィン)に込めた想い~【en】
 作品制作にあたり出逢う作家や読者の皆様、そして働く仲間との間に生まれる”繋がり=ご縁”に感謝し、大切に。また、その一つひとつの「ご縁」を紡ぎ、共に成長していくことのできる会社になることを目指しています。
【dolphin】
 仲間を大切にし、互いに助け合う「イルカ」のように、手を取り合い、力を合わせて、より良い作品づくりに取り組んでいく。その良好なチームワークこそが私たちエンドルフィンの強みです。
【エンドルフィン】
 多幸感をもたらす脳内の神経伝達物質「endorphin」のように、日常に幸せいっぱいのエンタメを届けたい。「物語」を通して、世界中の人々に感動を届けることで社会に貢献できる会社を目指しています。

【会社概要】社名:エンドルフィン株式会社
本社所在地:東京都港区芝浦3丁目6番5号Biz Feel 田町 7階
代表取締役:張鉉洙
事業内容: フルカラー・縦スクロールデジタル漫画「WEBTOON」の制作・販売
 オリジナルデジタル漫画における作家の発掘から制作支援、作品制作編集
 翻訳・ローカライズ、国内外有数の漫画配信プラットフォームへのリリース
設立: 2018年7月2日
HP:https://www.en-dolphin.com/

■株式会社SUPERNGINEについて“絵柄の盗用を防がなければ、作家も産業も生き残れない!”
AIの時代に正しくAIを活用する企業のみが成功できるという信念をもとに、世界的にも優れた技術を用いてWEBTOON、ゲーム、バーチャル・アイドル、広告、グッズ制作などを展開する総合コンテンツ制作会社です。
作家が創作にのみ集中できるよう、AIを用いて時間とエネルギーのセーブを図りつつ、作家の利益を最大化できるようにOSMU (One Story Multi Use)も積極的に行っています。

【会社概要】社名:株式会社SUPERNGINE
本社所在地:324, 54, Changeop-ro, Sujeong-gu, Seongnam-si, Gyeonggi-do, Republic of Korea
代表取締役:KIM DONGJUN
事業内容: ゲーム開発、生成型AIを活用した総合コンテンツ制作
設立:2020年4月24日
HP:https://www.superngine.com/

本記事に関する詳細はコチラから本記事に関する特設ページを特別公開中です。
私たちが提供するサービスの詳細ならびにお問い合わせ・お申込み方法についてもこちらのページよりご確認頂けます。