メイン画像

4月に入って、東京都内などではヒノキ花粉が中心になってきています。関東以西では4月中旬頃まではまだまだヒノキ花粉のピークとなりそうです。花粉症の方には辛い時期が続きます。

関東以西 ヒノキ花粉中心に「非常に多い」

今日2日は、日中は晴れる所が多く、東北~九州は最高気温が平年を上回る所が多いでしょう。このため、花粉の飛ぶ量も「非常に多い」所がほとんどです。

東北ではスギ花粉が中心ですが、関東から西はヒノキ花粉が中心となってきています。東京都福祉保健局「東京都アレルギー情報navi.」のデータによると、多摩地区では3月末からスギ花粉よりヒノキ花粉の方が多く飛んでいる所が増えてきました。

ただ、スギ花粉もまだ非常に多く飛んでいる所もあり、油断はできません。

本格的な飛散はいつまで?

画像B

上の図は各地のスギ・ヒノキ花粉の本格的な飛散の終了時期(花粉の飛散ランクが「少ない」になる時期)を予想したものです。

九州では4月上旬のうちに「少ない」ランクになる予想なので、もう少しの辛抱です。一方、中国、四国~東北にかけては4月中旬までかかりそうで、まだまだ花粉シーズンが続く見込みです。ヒノキがほとんどない東北はこの先もスギ花粉が中心で、関東以西は引き続きヒノキ花粉が中心となりそうです。

4月下旬になると一気に花粉の飛ぶ量が減る見込みです。花粉症の方にとって、あと2週間程度は対策が欠かせないでしょう。