メイン画像

明日4月1日も、九州から関東を中心に日が差し、春の陽気が続く所が多いでしょう。ただ、関東付近では、午後は所々で雨雲がわき、雷雲まで発達することがある見込みです。

今日31日は3月として記録的な暖かさも 明日4月1日も春の陽気

画像A

今日31日、午後4時までの最高気温は、沖縄、九州から東北南部を中心に平年より高くなりました。東京都心は28.1℃で、3月として統計開始の1876年以降、1位の値を更新しました。

明日4月1日、最高気温は今日31日と同じくらいの所が多い予想です。関東では今日31日より低くなりますが、それでも20℃近くまで上がる所があるでしょう。日中は、上着なしで過ごせそうです。

明日4月1日 関東では天気の急変に注意

明日4月1日は、九州から関東を中心に日差しが届く所が多い見込みです。ただ、関東や北陸では午後は所々で雨雲がわき、雷雲まで発達することがあるでしょう。急な強い雨や雷雨に注意が必要です。

東北や北海道は、日本海側を中心に雲が広がりやすく、雨が降る所があるでしょう。東北北部や北海道では雪になることがありそうです。東北の日本海側でも、雨雲や雪雲は発達しやすく、雷が鳴ることもある見込みです。

沖縄は、昼頃まで雨雲や雷雲がかかり、未明は激しい雨が降る所があるでしょう。

明日4月1日 関東など雨雲が発達しやすい理由

画像C

明日4月1日、北日本や東日本付近を気圧の谷が通過するでしょう。関東の上空5500メートル付近でマイナス21℃以下の寒気が流れ込む見込みです。この時期として、特に強い寒気ということではありませんが、地上付近の気温はこの時期としては高く、地上と上空の気温差が大きくなります。このため、気温が上がる午後は、関東や北陸、東北の日本海側を中心に大気の状態が不安定になり、雨雲が発生、発達しやすくなります。夏の夕立のような激しい現象にはならないものの、空模様の変化にお気をつけください。