ブロンドシェル、ブリーとのコラボ曲「Docket」公開

 ブロンドシェル(サブリナ・タイテルバウム)が、新曲「Docket (feat. Bully)」をリリースした。

 この曲は、タイテルバウムにとって2023年後半以来の新曲であり、内省的なソングライティングとキャッチーなメロディの融合という彼女独特の特徴を持っている。「これは自分自身から切り離すことを歌った曲。いつも違う環境にいるときの不安について歌っている。距離や変化に対応したいということだけど、ちょっと無謀なことでもある。この曲には、別の人のためのスペースがあったんだけど、ブリーの声がずっと聞こえていた。私は彼女の大ファンで、去年の夏のツアー中も彼女のアルバムを聴かずにはいられなかった。スタジオで彼女の歌声を聴いたときは、衝撃を受けたし、畏敬の念を抱いた。彼女が私と一緒に曲を作ることにイエスと言ってくれて、本当に嬉しい」とタイテルバウムは語っている。

 ブリー(アリシア・ボグナノ)は、「私はサブリナの大ファンで、彼女は本当に素晴らしいと思っている。彼女の曲に参加させてもらえるなんて感激だ。インディのシーンで多くのミュージシャンがお互いをサポートし、称賛し合っているのを見ると本当に嬉しくなる。だから、サブリナに感謝しているし、私が大好きな彼女の愛犬にも特別なエールを送りたい」と述べている。