メイン画像

明日29日(金)は昼頃にかけて大雨になる所があり、荒れた天気に。今週末はお花見日和ですが、黄砂に注意。気温は平年より高い日が多く、雪解けが進みそう。

29日(金)~4月4日(木) 荒天のあとは黄砂 週末は初夏の陽気も

画像A

明日29日(金)は、低気圧が急速に発達しながら日本海を北上し、前線が本州付近を通過するでしょう。大雨や暴風に警戒が必要です。発達した雨雲がかかる九州から関東では、局地的に激しい雨。四国や東海は滝のような「非常に激しい雨」が降る所もあるでしょう。また、気温が上がるため、東北や北海道も雨になり、雪が多く残る地域では雪解けによる災害に注意が必要です。

雨がやんだあとは、急速に天気が回復するでしょう。ただ、31日(日)にかけて、西日本から北日本の広い範囲で黄砂が予想されています。視程(水平方向で見通しの効く距離)が10キロメートル未満となり、車や洗濯物に黄砂が付着するなどの影響が出るでしょう。視程が5キロメートル未満となる所もあり、交通への影響が発生するおそれがあります。

4月2日(火)頃までは広い範囲で晴れて、お花見が楽しめるでしょう。週末を中心に気温がグンと上がり、30日(土)の東京都心の最高気温は25℃と、今年初めての夏日になるかもしれません。3日(水)以降は西日本を中心に雲が広がりやすく、4日(木)は雨の範囲が広がりそうです。

4月5日(金)~10日(水)  週末は雨 季節先取りの暖かさ

画像B

4月5日(金)以降も、九州から関東、北陸はすっきりしない天気。6日(土)から7日(日)は広い範囲で雨が降り、花散らしの雨になる所もありそうです。北海道は晴れ間があっても、急な雨にご注意ください。8日(月)になると次第に日差しが戻り、10日(水)は各地で晴れるでしょう。

最高気温は平年より高い日が多く、九州から関東では20℃前後の日がほとんどです。札幌は15℃前後まで上がるなど、季節が進むでしょう。雪が多く残る所では急に雪解けが進むため、全層なだれや屋根からの落雪などに十分ご注意ください。