- Epic Games, Inc.

Epic Games(本社:アメリカ合衆国、CEO:Tim Sweeney)は、3月26日(日本時間)より、提供するFortniteのサバイバルクラフトゲーム「レゴ(R)︎ フォートナイト」において、アップデートを行い新たな要素として「乗り物」をクラフト可能となったことをお知らせいたします。

V29.10:「レゴ(R)︎フォートナイト」のアップデート要素

本日行われたアップデートでは、「レゴ(R)︎フォートナイト」にて“乗り物”をクラフトできるようになりました、
アップデート要素は以下です。

3種類の乗り物のクラフトが可能に:
 ・スピーダー:スピーダーは、エリアから次のエリアへ速く移動できる乗り物。インベントリに新登場の「動力セル」が入ると、スピーダーのレシピがアンロックされます。
 ・オフローダー:オフローダーは、複数名の移動に便利。インベントリに乾いた谷のエリアで見つけられる「フレックスウッド」が入ると、オフローダーのレシピがアンロックされます。
 ・ホウラー:荷物が多いときには、トランクが広いホウラーで移動を。インベントリに凍てつく地のエリアで入手可能な「フロストパイン」が入ると、ホウラーのレシピがアンロックされます。

乗り物のカスタマイズも可能に:
「おもちゃ」のセクションの新しい乗り物のパーツを使用して、カスタマイズした乗り物をクラフトすることができます。ホイール、シート、動力センターなど、乗り物を作るために必要な新たなおもちゃも登場します。

レゴスタイル対応のコスチュームの追加:
v29.10で、レゴ スタイルに対応する人気のコスチュームがさらに追加になりました。 すでに所持しているコスチュームがあれば、ロッカーでレゴ スタイルを使用できるようになります。対象のコスチュームについては、以下よりブログをご覧ください。

乗り物やその他のアップデートの詳細については、こちらのブログをご覧ください。
https://www.fortnite.com/news/lego-fortnite-v29-10-mechanical-mayhem?sessionInvalidated=true

そのほか、Epic Games とレゴ グループがフォートナイト クリエイティブおよびUEFNでレゴの要素のプレハブ、仕掛け、ツールなど新たな要素の提供を開始し、独自のレゴ(R)︎アイランドを制作できるようになりました。
詳細はこちらをご覧ください。コミュニティが作った作品もぜひご覧ください!

Epic Gamesについて

Epic Gamesは、1991年にCEOのティム・スウィーニーによって設立されたアメリカの会社です。 ノースカロライナ州ケーリー市に本社を置き、世界各地に50以上のオフィスを構えています。 現在、Epicはインタラクティブ・エンターテインメントを牽引し、3Dエンジンテクノロジーを提供する企業です。 Epicは世界最大級のゲームのひとつ『フォートナイト』を運営しており、『フォートナイト』、『Fall Guys』、『ロケットリーグ』、Epic Games Storeにおいて、50億以上のフレンド接続数を持つ6億以上のアカウントを有しています。 また、Epicは世界有数のゲームの原動力となるUnreal Engineを開発し、映画、テレビ、建築、自動車、製造、シミュレーションなどの業界でも採用されています。 Epicは、Unreal Engine、Epic Games Store、Epic Online Servicesを通じて、開発者やクリエイターがゲームやその他のコンテンツを構築、配信、運営するためのエンドツーエンドのデジタルエコシステムを提供しています。

フォートナイト について

全世界で4億人以上の登録アカウントを持つ『フォートナイト』は、象徴的なバトルロイヤルやアクション満載のゼロビルドで、自分だけの体験を作ったり、チームを組んだりすることができるゲームです。『フォートナイト』は、文化が息づく、常に進化する空間であり、プレイヤーは友だちと一緒にグローバルなコミュニティの作成、視聴、プレイをすることができます。『フォートナイト』は、PlayStation、Xbox、Switch、Android、PC、クラウドベースのゲーム配信サービスでご利用いただけます。詳細は、www.fortnite.comをご覧ください。