17年ぶりにスタンダードビールの新ブランド※1発売

- キリンホールディングス株式会社

 キリンビール株式会社(社長 堀口英樹)は、17年ぶりにスタンダードビールの新ブランド「キリンビール 晴れ風(以下、晴れ風)」(350ml缶、500ml缶)を4月2日(火)より全国で新発売します。
※1 プレミアム・クラフト・販売先限定品・既存ブランド派生品を除く

 2023年10月の酒税改正の影響もあり、ビールカテゴリーは好調に推移しています。また、コロナ禍を経て、さまざまなライフスタイルや価値観の変化を背景に、お客様の考え方や行動基準は目まぐるしく変化しています。お客様に向き合い、今この時代にこそ求められているビールをお届けしたいという思いから誕生したのが、「晴れ風」です。
 今回発売する「晴れ風」は、大きく2つの特長があります。1つ目は、現代のお客様の嗜好を捉えた、「ビールとしてのうまみや飲みごたえ」がありながら「飲みやすい」、新しいおいしさです。2つ目は、今この時代に発売するブランドだからこそ発想した、「晴れ風ACTION」です。「晴れ風ACTION」とは、昔からビールを楽しむシーンを彩り、お客様の笑顔をつくってくれた、お花見や花火といった「日本の風物詩」を守る活動に、本商品の売上の一部を寄付し、未来へとつないでいく取り組みです。「晴れ風」を通じて、そこに集う人々の笑顔を未来につなげていきたいという思いから、継続的な活動として、できることから少しずつ取り組んでまいります。
 当社は、「晴れ風」を通じてビールカテゴリーに新しい風を吹かせ、さらなる市場の魅力化・活性化を推進していきます。

【商品概要】
<中味について>
「ビールとしてのうまみや飲みごたえ」と「飲みやすさ」を両立させ、“ビールのきれいな味”が感じられるバランスの良い味わいを実現
1.麦芽100%
副原料を使用せず、麦のうまみを丁寧に引き出すことで、雑味のないきれいな味わいに仕上げました。
2.日本産の希少ホップ「IBUKI」を使用
爽やかな柑橘香が特長の、日本産希少ホップ「IBUKI」を使用。添加タイミングにも工夫を凝らし、ホップの香りが奥ゆかしく、穏やかに香る設計としています。
3.酸味の抑制
ビールの飲みづらさにつながる過度な酸味を抑えるため、仕込工程と発酵工程において工夫を凝らし、まろやかな味わい・スムースな口当たりを実現しました。
<パッケージについて>
品質感×現代性を兼ね備えたデザインに
 堂々と配された聖獣麒麟と、独自のブルーのカラーリングにより、品質感と現代性を体現したデザインです。パッケージ裏面の二次元コードから「晴れ風ACTION」の専用サイトに遷移できます。
<「晴れ風」 を通じたアクションについて>
お花見や花火など「日本の風物詩」を応援
 ビールを飲むよろこびを広げてくれた「日本の風物詩」を守り、そこに集まる人々の笑顔を未来につなげていきたい。そんな思いから、「晴れ風」の売上の一部を「日本の風物詩」の保全・継承に関わる取り組みに活用します。全国の自治体(市区町村)の皆さまやお客様とともに、継続的に支援できることから取り組みます。

                         -記-
1.商品名             「キリンビール 晴れ風」
2.発売地域            全国
3.発売日             2024年4月2日(火)
4.容量・容器           350ml缶・500m缶
5.価格              オープン価格
6.アルコール分          5%
7.純アルコール量         350ml缶:14g、500ml缶:20g
8.製造工場            キリンビール仙台工場、取手工場、名古屋工場、
                  滋賀工場、岡山工場、福岡工場

●「晴れ風ACTION」について
<取り組みの背景>
 100年以上にわたり、ビールは、多くのお客様にお花見や花火など「日本の風物詩」とともに楽しまれてきました。実は今、私たちが慣れ親しんだ風物詩の中には、自治体の資金難や少子高齢化、気候変動などにより風物詩を保全・継承できず、消失する危機にある地域もあることが分かりました。
 ビールを飲むよろこびを広げてくれた「日本の風物詩」を守り、そこに集まる人々の笑顔を未来につなげていきたい。そんな思いから「晴れ風」の売上の一部を活用して、継承の危機にある地域の桜や花火などへの恩返しを始めます。この活動は継続的な活動として、できることから少しずつ取り組んでまいります。
<概要>
■テーマ:4月2日(火)からは第一弾※2として、日本全国の「桜」をテーマにした応援活動をスタート。
※2 本年の第二弾として日本全国の「花火」をテーマにした応援活動を予定しております。次年度以降も、桜をはじめとする「日本の風物詩」の支援に継続して取り組んでいく予定です
■寄付金対象・用途:テーマごとに、公募審査により選出させていただいた全国の47自治体(市区町村)※3にて、「日本の風物詩」を保全・継承する活動の資金の一部として活用※4されます。
※3 第一弾における、43の自治体については2月に公募審査により選出済み。令和6年能登半島地震の被災4県(新潟・富山・石川・福井)については、公募審査を延期しており、石川県を除く3県においては、4月以降公募活動を再開予定。石川県については、引き続き公募審査を延期しております
※4 キリンビールにて寄付金を集計後、各自治体へ寄付金を送付
■参加方法:
1.「晴れ風」をご購入いただくと、 350ml 1缶につき0.5円、500ml 1缶につき0.8円が自動的に寄付されます。
2. また缶の裏に印字された二次元コードなどから専用サイトにアクセスすると、1日1回0.5円分の“晴れ風コイン”が無料で付与され、応援したい自治体を選んで寄付することが可能※5です。
3. 専用サイト上では、本取り組みの寄付総額を確認できるほか、それぞれの桜に対して応援メッセージや写真を投稿できる機能、さらに「晴れ風ACTION」への参加証明書をSNSでシェアすることも可能です。
※5 晴れ風コインでの寄付金額には上限がございます

【商品担当者からのコメント】

村井 志帆(むらい しほ)(マーケティング担当)
 今の時代に誕生する新たなビールブランドとして、できることは何だろうか。これまでのビールの歴史と、お客様に真正面から向き合った結果、誰が飲んでもきっとご満足いただける新しいおいしさのビールができました。
「晴れ風ACTION」は、開発過程で感じた、「ビールからの恩返し※6」をしていきたい、という思いを少しずつ形にしていける様に取り組みます。お客様と世の中に少しでも‘’いい風‘’が吹く存在になることを願っています。
※6 長期的な活動として、できることから少しずつ取り組んでいきます

東橋 鴻介(とうはし こうすけ)(中味開発担当)
「晴れ風」は、ビールのうまみが十分にありながら、まろやかかつ繊細な味わいで飲みやすい。
このバランスを徹底的に追求しました。麦芽とホップの素材の良さを素直に引き出したシンプルできれいな味わいが特長です。シンプルがゆえにごまかしの効かない難しさがあり、キリンビールの100年以上にわたるビールづくりで培った技術・ノウハウがあってこそ実現した新しいおいしさです。食事との相性も良く、生活の中に自然になじみ、おいしさを楽しめる自信作です。是非「晴れ風」をお試し下さい。

■第一弾「桜の保全活動」対象自治体一覧(43自治体)
第一弾における、43の自治体については、2月に公募審査により選出済み。令和6年能登半島地震の被災4県(新潟・富山・石川・福井)については、公募審査を延期しており、石川県を除く3県においては、4月以降公募活動を再開予定。石川県については、引き続き公募審査を延期しております。