「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」

3月30日「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」~富士山世界文化遺産登録10周年記念イベント~ “星の旅人”をテーマにしたプログラムをメタバース空間に生中継します。

- Vma plus株式会社

メタバースとWeb3.0に関するイベント企画やコンテンツ作成、そのディレクションを手がけるVma plus(ブイマプラス)株式会社(本社:東京都品川区、代表:津田徹)は、富士山花火実行委員会が主催の「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」~富士山世界文化遺産登録10周年記念イベント~で約8,000発(最大1尺玉)打ちあがる美しい花火の様子を自社の運営するメタバースプラットフォーム「Vma plus Station」内の特設会場「メタワールドフェス2024春」のスクリーンに生中継いたします。

ドローンによる生中継

第2回目となる今年の富士山花火では、去年あえなく断念した花火のドローン生中継映像のメタバース放映に再度チャレンジいたします。ドローンパイロットの鈴木氏のバックアップの元、花火を空中からのユニークな角度で捉え、迫力満点の花火の様子をお届けします。

この取り組みは、伝統的なイベントと最先端技術の融合として、メタバースでの革新的な企画となります。PCやスマートフォンで気軽にアクセスできるメタバース空間で、美しい富士山花火をメタバース内の3面巨大スクリーンで世界中から集まるアバターと一緒に鑑賞する、これまでにない新しい花火体験を提供いたします。どうぞお楽しみください!

■ドローンパイロット
DRONE / 47 代表 鈴木 教郎(すずき のりお)

メディア実績
●フジテレビ「木7○@部」:八景島シーパラダイス映像提供
●テレビ東京「一軒家丸ごと壊す」:富岡製⽷場映像提供
●TBSテレビ番「明石家さんまのご長寿グランプリ」:東京タワー映像提供
●朝日放送テレビ「K-POP ドック!」:東京タワー映像提供
●TBS 新番組「ララ LIFE」:浜離宮恩賜庭園映像提供
●関西テレビ「土曜は何する!?」:下田海中水族館映像提供
などその他多数。

現地チケットの購入やメタバースは 公式LINEから

富士山花火の利用するサービス「Atouchチケット」のLINEを友達追加していただくと、現地に行けるチケットの購入とメタバース会場への入場ができます。当日、現地に来れない方もこの機会に是非メタバースでの花火鑑賞をお試しください。

▼公式LINE友達追加はこちらから
https://weburl.jp/skKvjua

※富士山花火はIRISデータラボ株式会社の「Atouchチケット」のサービスを利用しています。

観覧席/チケット

「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」について

「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」は、富士スピードウェイを中心に様々なモビリティ体験を提供する複合エリア「富士モータースポーツフォレスト」と連携した大規模花火イベントです。
富士山の目前で打ち上がる世界最高峰の花火と、国際サーキット「富士スピードウェイ」を舞台に繰り広げられる花火とモータースポーツとの“競演”は、まさに“vs”と表されるに相応しい“ここだけの体験”となります。
山頂の雪が映える春の富士山、春の訪れを告げる桜の息吹とともに、春休みに格別なひとときをお届けいたします。

本イベントの魅力のひとつは、日本最大級となるワイド約1.5kmの広大な敷地から約8,000発が打ち上がる花火のスケール感です。花火と客席の距離も近く、視界いっぱいに打ち上がることで、花火音や花火の匂いとともにまるで花火に包まれるような感覚を味わうことができます。最大1尺玉の大輪の花火は、都心では体験できない迫力です。花火の製作・打上は、昨年同様、静岡県が誇る花火企業イケブンをはじめ、国内競技花火大会で21回の内閣総理大臣賞を獲得した日本最高峰の野村花火工業、ぎおん柏崎まつり海の大花火大会や片貝まつりの片貝煙火工業が集結。

また、希少なスーパーカー等が出走するパレードランや、車と並走して打ち上がる花火など、花火とモータースポーツの競演ならではのエキサイティングな仕掛けを用意しています。
 また本イベントは、静岡県庁からの後援で「富士山世界文化遺産登録10周年記念イベント」に認定されました。

※「富士山花火 vs スピードウェイ 2024」プレスリリースより抜粋
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000089964.html

「Atouchチケット」について

「Atouch」サービスはLINEのトーク画面で商品を選んでそのまま決済まで完了!そんな便利機能を備えたシステムです。買い物客にストレスフリーな購買体験を提供することで、事業者さまの売上機会の逸失を防ぎ、売上向上をサポートします。

■IRISデータラボ株式会社について
2020年から政府、官公庁、自治体向けにLINE社として連携し、コロナ対策のLINE公式アカウントを現在進行系で数多く対応してまいりました。2023年からは、日本の経済活性化・より元気にしていくため、官民問わず全領域で活用できるLINEを活用し、LINEのトーク画面上で決済まで完結できるショップ「Atouch」の提供を行っています。
2023年度は、政府関連はデジタル田園都市国家構想の支援や、民間においては、株式会社学研ホールディングス、アイリスオーヤマ株式会社をはじめ様々な企業のECをLINE化する支援や展開を予定しております。2026年以降は、あらゆるEC業界をつなげ、日本の製品を海外に販売できるプラットフォームづくりを目指します。

会社名:IRISデータラボ株式会社
URL:https://iris-corp.co.jp/
設立:2019年3月5日
住所:107-0062 東京都港区南青山2-7-30 ムラハンビル1階
代表取締役:安達教顕

Vma plus株式会社について

Vma plus株式会社はWeb3.0、メタバースに関する開発、企画、運用を手がけ、お客様の課題解決のためにメタバースやWeb3で可能なことを企画し提案しています。リアルとメタバースをブロックチェーンで繋ぎ、課題解決に挑むVma plusは、「すべてのリアルに、「Vマ+」という選択肢を」を理念に掲げ、新たな可能性を切り拓いて参ります。

社名   :Vma plus(ぶいまぷらす)株式会社
代表者名 :津田 徹
事業内容 : Web3コンテンツ企画・運営、メタバースブロックチェーンの企画・開発・運営
本社所在地:東京都品川区西五反田1丁目1−8 NMF五反田駅前ビル6階
設立   :2021年10月
HP    :https://www.vma-plus.com/
S N S   :https://linktr.ee/vma_plus