メイン画像

今日25日は、水星が東方最大離角となり、日の入り直後の西の低い空で見つけやすくなります。明るく輝く木星を見印に探してみてください。今日、見られる所は?

25日 水星が東方最大離角

水星は見かけの位置が太陽から大きく離れることがないため、見つけやすくなる時期が太陽からの見かけの位置が離れる「最大離角」前後に限られています。

今日25日は、水星が東方最大離角となり、日の入り直後の西の低い空で水星が見つけやすくなります。東京では3月19日から30日の間、日の入り30分後の水星の高度が10度を超えます。他の地域でも大きな違いはなく、水星を観察できるチャンスです。

今回は、水星よりも少し高い位置に、木星が明るく輝いて見えます。この木星を目印にして、水星を探すと良いでしょう。西の空が開けている場所で、低い空に雲のない良く晴れた日が観察には最適です。双眼鏡を使う際は太陽を見ないよう、太陽が沈んでから観察を始めてください。

気になる天気は?

画像B

今日25日は、前線の影響で九州から関東は雨が降ったりやんだりするでしょう。日の入りの頃(午後6時前から6時30分頃)も、雨雲のかかる所が多くなりそうです。

北陸は曇りや雨の所が多く、東北南部も天体の観察にはあいにくの天気でしょう。沖縄、青森県などの東北北部、北海道は晴れて、水星が見られる可能性が高いです。