メイン画像

昨日23日は高知でソメイヨシノが開花しましたが、東海~九州のお花見スポットでは既に早咲きの桜が見頃を迎えている所があります。明日25日以降は関東~九州でソメイヨシノの開花ラッシュとなる見込みで、次の週末はお花見日和の所が多くなるでしょう。

東海から西はしだれ桜など見頃の所も 靖国神社の桜もつぼみ膨らむ

画像A

上の画像は、全国約1000地点のお花見スポットの開花状況です。薄いピンクは「つぼみ」、それより濃いピンクは「咲き始め」~「7分咲き」を示しています。

昨日23日は全国のトップを切って高知でソメイヨシノが開花しましたが、東海~九州では早咲きの桜が一足早く見頃を迎えている所があります。長崎県の田ノ頭郷のしだれ桜や、高知県の定福寺のウスズミザクラ、愛知県の奥山田のしだれ桜などが今まさに見頃を迎えています。

東京の靖国神社にある桜の標本木も、当初の予想よりも開花が遅れているものの、かなりつぼみが膨らんできているのが分かります。

関東から西 次の週末は絶好のお花見日和に

画像B

関東から九州では、明日25日以降はソメイヨシノの開花ラッシュとなる見込みです。天気が短い周期で変化するため雨の降る日もありますが、最高気温も平年並みか高い所が多くなるでしょう。

桜の開花から満開まではおおよそ1週間程度なので、次の週末(30日~31日)頃は絶好のお花見日和となる所がありそうです。近畿~九州は傘マークがついていますが、今の所、雨が降るのは一時的なので、すぐに桜が散ることはないでしょう。