【ビルボード】WEST.、初のベスト盤『AWARD』が総合アルバム首位、原因は自分にある。/SEKAI NO OWARIが続く

 2024年3月20日公開(集計期間:2024年3月11日~3月17日)の総合アルバム・チャート“Hot Albums”で、WEST.の『AWARD』が総合首位を獲得した。

 本作は、WEST.に改名後 初となるアルバムであり、デビュー10周年を記念してリリースされた初のベスト盤だ。初週売上枚数は241,176枚で、これまでの初週売上で最高だった『rainboW』の216,116枚を大きく超えるスタートを切った。ジャニーズWEST名義でのリリースも含めて、WEST.が本チャートで首位を獲得したのは通算6回。2020年リリースの『W trouble』以降、5作連続で総合アルバムを制している。

 そして2位は原因は自分にある。『仮定法のあなたへ』がチャートイン。3月13日にリリースされたコンセプトEPで初週80,210枚を売り上げ、アルバムセールスでも2位を獲得した。3位はSEKAI NO OWARIの通算7枚目となるアルバム『Nautilus』が獲得。『scent of memory』から約2年半ぶりのリリースで、初週セールス数は前作を1万枚以上も上回る53,738枚、ダウンロード数も、前作比26%増となる2,232DLとなっている。

 そして4位は、先週通算3度目の首位を獲得したSEVENTEEN『SEVENTEENTH HEAVEN』、5位はNCTのTAEYONG『TAP』が続いた。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『AWARD』WEST.
2位『仮定法のあなたへ』原因は自分にある。
3位『Nautilus』SEKAI NO OWARI
4位『SEVENTEENTH HEAVEN』SEVENTEEN
5位『TAP』TAEYONG
6位『生まれてきたことに感謝しなさい!』LIP×LIP
7位『UNKNOWN DIVA』天音かなた
8位『Reboot』TREASURE
9位『ラヴの元型』AJICO
10位『Back & Forth』BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE