タイラ、トラヴィス・スコット参加の「Water」リミックスの官能的なMV公開

 自身の名を冠したデビュー・アルバムを2024年3月22日にリリースするタイラが、トラヴィス・スコットをフィーチャーした「Water (Remix)」のミュージック・ビデオを公開した。

 現地時間3月19日に公開された青を基調とした映像で、タイラは雨の中を官能的に踊り、ガラスの窓を隔てたトラヴィスと親密な姿を見せている。上半身裸のトラヴィスは小雨をものともせず、白いサングラス越しにタイラを見つめながら、中毒性のあるバースを披露している。

 人気急上昇中のアマピアノ/R&Bスターは当初、「Water」のリミックスを望んでいなかったが、トラヴィスが連絡してきたことで、彼が曲に何をもたらすのか聴きたくてたまらなくなったそうだ。「(曲の)リミックスをやろうとは思ってませんでした。“‘Water’はこれでいい、このままでクールだし”って感じだったので。でも、みんなから連絡が届きはじめて、“どうしよう、どうしよう”って感じでしたね」と彼女は、昨年12月に米コンプレックスに語っていた。

 「そんな風にワクワク感が高まっていた中で、トラヴィスから連絡がありました。ビックリでした……ノーとは言えませんでしたね。彼の音楽はクレイジーだから。彼から連絡があった後に、私たちは彼にあのオープン・バースを送りました。そしたら本当に最高なものを戻してくれました」と彼女は振り返っていた。

 「Water」は昨年7月にリリースされ、11月にはトラヴィスが参加した公式リミックスが、マシュメロによるリミックスとともに解禁された。

 タイラによるブレイク作は米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”に5か月以上留まり続けている。最高7位を記録した後、今週のチャートでは17位につけている。

 エピック・レコードのエゼキエル・ルイス社長は、今年1月に米ビルボードに対し、「レコード制作の初期段階から、この曲で聴くことができる世界的な影響を反映させるために、さまざまなバックグラウンドを持つクリエイターとの最高の化学反応を見つけることを重要視していました」と述べ、「そこが、アメリカだけでなく世界中のリスナーにアピールするために重要な要素です」と語っていた。

 ガンナ、テムズ、ベッキーGなどをフィーチャーした、タイラによるセルフタイトルのデビュー・アルバムは、3月22日にリリースされる。