エンタープライズ向けサービスの拡販に向けた営業体制を強化

- バフェットコード株式会社

企業調査・分析にかかる時間を従来比で95%削減する企業分析SaaS「バフェット・コード」を運営するバフェットコード株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:福田智宏、以下「バフェットコード」)は、複数人の個人投資家を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施しました。

調達した資金は、成長ドライバーであるエンタープライズ向けサービスの拡販に向けた営業体制の強化や、機能開発に投下することで企業価値の向上を図ってまいります。

併せまして、これまでの情報拡充や機能改善施策の積み重ねが奏功し、バフェット・コードのトラフィックが100万MAUを突破したことをご報告いたします。

■高まる企業情報ニーズ
今や企業情報は経済活動に欠かせないものとなっています。企業情報がもっとも広く利用されているシーンのひとつは営業活動ですが、それに留まらず経営管理、M&A・出資・融資、新規事業創出、与信管理、カスタマーサクセス、就職・転職活動など、実に幅広い場面で企業情報は利用されるようになりました。

■課題
一方で、そうした様々な経済活動にも対応できるような企業情報のデータベースは未だ整備が完了しておらず、手つかずの領域が数多くあります。その中でも特に整備が遅れているのが未上場企業のデータベースです。上場企業の情報は取引所の後押しもあり徐々に充実化が進んでおりますが、未上場については依然として情報を公表するインセンティブが企業側に薄く、法令整備や制度設計も追い付いておりません。その結果、企業情報データベースの拡充は充分に進まず、利用者の目的ごとに情報を限定して整備されたデータベースを使い分けたり、高いコストを払って複数のベンダーから情報を取得して利用者側で前処理・統合する必要がありました。

■SaaSとWeb APIを活用して企業の課題を解消
そんな中でバフェット・コードは、上場企業データべースのエンリッチ化のみならず、近年スタートアップや未上場企業の領域においても様々な用途を想定した潤沢な構造化データを構築しております。手始めに2022年秋からスタートアップのデータベースの公開を開始し、その後2023年春にはスタートアップ以外の未上場企業もカバーするようになりました。2024年2月現在、約20万社を収録する国内有数の企業情報プラットフォームとなっております。

バフェット・コードではそれらをウェブアプリケーションやWeb API経由で情報を提供しております。個人はもとより、とりわけエンタープライズにおいて課題解決にお役立ていただいております。これにより、従来は情報の取得や加工といった分析前の準備に多くの労力と費用がかかっていたところ、バフェット・コードをご利用いただくことで分析効率が格段に上がった結果、分析に要する時間は従来比で95%削減することが可能になりました。

バフェット・コード(サービスサイト):https://www.buffett-code.com/

■導入事例
★ SMBC日興証券株式会社様
SMBC日興証券様に株式調査業務のためにご活用いただいております。財務・非財務データを活用して分析した結果を、今後調査レポートに掲載する予定と伺っております。

★総合商社、ほか事業会社
DX推進のため、自社のSFAやCRMで管理している営業先候補企業や取引先の企業情報を常に最新の情報で正確に保たれたい企業様へ、Web API経由で最新の企業情報を提供しております。
また、セールスパーソンが顧客理解を深めたり提案活動の質を上げるため、LLM(生成AI)を用いてクライアント企業の論点整理・課題の抽出・提案ドラフトを機械的にアウトプットする仕組みを導入する企業が出始めています。そのインプットデータとして企業情報をWeb API経由でご提供している事例もございます。

★Z Venture Capital株式会社様
魅力的なスタートアップを調査・発掘する目的で、バフェット・コードの有料プランをご活用いただいております。スタートアップの情報が充実している点と、情報の一覧性をご好評いただいております。

★ウェブサービスを展開されている事業会社
主に求人や金融などの領域でウェブサービス事業を展開されている複数の企業様に向けて、サービス内コンテンツの拡充のためにWeb API経由で企業情報を提供しております。

■トラフィックが100万MAUを突破
こうした取り組みなどが高く評価され、バフェット・コードは100万MAU(Monthly Active Users)を突破したことをご報告いたします。これは企業分析ツールとしては異例の規模となります。ひとえに株式投資家のみならず、経営者や起業家、セールスパーソン、財務・経理、就職・転職活動者など、幅広い層に企業分析ツールを提供してきた結果と捉えております。もっとも、ビジネスパーソンの母数に鑑みるとまだまだ探鉱の余地が大きいと考えており、引き続き企業分析者にとって有益な価値提供を企画してまいります。

■資金調達によって営業・開発体制の強化を実現
当社では2023年後半からこうしたエンタープライズ向けのソリューション提供が活性化しており、営業体制の構築が急務となっておりました。今回の資金調達によって得た資金は営業組織の体制強化に充当してまいります。

当社におきましては、昨今の企業情報に関するニーズの高まりを受け、2023年にエンタープライズ向けのソリューションの提供を開始しました。以来、多くの企業様からご好評をいただいてきました。一方で、お寄せいただくお問い合わせは日増しに増えている状況で、お問い合わせに対して迅速に応答し、細やかなフォローを行っていくことが難しくなってきております。こうした事態に早急に対応するため、営業体制の強化の一環として人員の拡充を図っていく所存です。今回調達した資金は、金融やSaaS、分析ツール等のセールス経験のある優秀な人材獲得に向けて充当して参ります。

■今後の展望・目標
バフェット・コードは誰でも利用できるハイエンドな企業分析ツールとしてリリースされましたが、上述の通り、事業法人や研究機関による利用が急拡大しております。特に営業、経営管理、M&A・出資・融資、新規事業創出、与信管理、カスタマーサクセスなどの用途での有料会員の引き合い・ご利用が拡大しており、今後もその傾向は強まるものと考えております。こうした利用シーンに即して、2024年も様々な追加有料機能を実装していく予定です。その手始めとして本日、収録企業各社の要職者を調べることができる「キーマン情報」をリリースしましたことをご報告いたします。特定の企業に対して事業提携やM&A、あるいは営業をしたいと思ったときに、その適切な提案先を見つけられず、電話口でたらいまわしにされた挙句に決裁権を持たない非役職者を案内され、充分な提案活動が出来ず成約に至らなかったといった苦い経験は誰しもあると思います。そうした課題に対して、その提案のライトパーソンを事前に発見できる機能が「キーマン情報」になります。これにより提案活動がより効率的に、効果的に行えるようになることが期待できます。有料のプレミアムプランにてご利用いただけます。製品版に先立ってクローズドでリリースされたβ版には大変大きな反響を頂戴しておりました。

また、当社の企業情報にアクセスできるWeb APIへのご関心・需要も強く、こちらのセールスも強化して参ります。引き続き、法人の課題解決にも取り組んでまいります。そこに向けた大きな一歩として、2024年は未上場企業データベースの大幅な拡充を予定しております。カバー企業数を現在の10倍にすることを目標に、企業情報のデータベース化を進めております。未上場企業は国内だけでも480万社あるとされており、ここの情報集約は計り知れない潜在価値を秘めております。中期的には480万社すべての未上場企業をカバーすることを目標に、順次データベースを公開してまいります。まずは短期目標として2024年内にカバー企業数を現在の10倍の200万社にまで高めてまいります。これによりエンドユーザーの未上場企業に対する調査業務の大幅な時短とコスト削減を実現するとともに、深い事業理解を通じたM&Aや事業提携などのエコシステムがより円滑化することを期待しております。

■バフェットコード 代表取締役CEO 福田智宏 コメント:
「金融領域におけるウェブサイトの100万MAUという数字は、企業分析に無くてはならないことを表す規模感だと認識しています。通常は10年以上の歳月と100人規模のチームで運営されるようなサイズ感のものを、5人に満たない人数で、かつ6年で達成したことを感慨深く思うとともに、利用者の皆様の毎日の経済活動を支える重責も双肩に感じているところです。

私自身が投資銀行から転職した際に、それまで当たり前に使えていたハイエンドツールが転職先で使えず、M&Aや予算編成において大変困ったという原体験から生まれたプロダクトがバフェット・コードですが、利用者の皆様に支えられながらここまで成長して参りました。
その間、当時の私のように不便・不満を感じていた金融機関やコンサルティング会社出身の方々をひとりでも多くバフェット・コードが救えたとするならば、これ以上の喜びはありません。

「企業情報」というと、会社の上層部だけが扱う印象を与えてしまいかねませんが、実は知らず知らずのうちに広くビジネスマンは日々触れている・求めている情報です。一方で、入手したい情報が入手できなかったり、すぐには手に入らないという経験をした方は多いと思います。しかし「こんなところからこんな情報が入手できるの!?」「この情報とこの情報を組み合せると、まったく新しいこんな情報に加工できるの!?」といった暗黙知がたくさん存在しており、案外諦めていた情報も手に入るものです。バフェット・コードはそうした情報の非対称性を埋めるためのプラットフォームとも言えます。

また、こうした企業情報の取り扱いは従来の個人の利用で留まっていたところから、今では企業全体での生産性向上やコストダウンに波及して経営課題とされるようになりました。デジタルトランスフォーメーションの文脈で、競合ベンチマークや取引先管理、営業リストの作成、信用調査など、多岐に渡る場面で大量の企業情報が必要とされています。しかしながらその需要に応え得るサービスベンダーは領域ごとに細分化されていたり、Web APIの提供を拒んでいたりと、実現には高いハードルが存在していました。

バフェット・コードはそうした企業のニーズに伴走できる存在でありたいとかねてから考えておりましたので、顧客ヒアリングを重ねて、困難だったWeb APIの実装を実現してまいりました。その結実として、足下では多数の法人からのお問い合わせを頂戴しており、ひとつひとつ丁寧にお応えするべく奮闘しております。

そんな中、今回、上場企業の経営者数名をはじめ、エンジェル投資家の方々のご支援を賜れましたことを嬉しく思っております。お預かりした金額で営業と開発のリソースを確保し、株式価値の最大化を図ってまいる所存です。

引き続き、私たちのミッション・ビジョンに共感いただける、お客様、パートナー様、投資家様、一緒に働く仲間を募集しています。少数精鋭の最高の仲間と共に、資本市場を一歩前に前進させる企業分析SaaSとWeb APIの拡大にご興味のある方は、いつでもお気軽にお声がけいただければ幸いです。」

Web APIや法人向け有料機能に関する問い合わせ:https://forms.gle/tbacF8NirLw39iY36
採用問い合わせ:https://forms.gle/pSNqW6XShLURGGVQ7