メイン画像

今日19日は、冷たい北風がおさまりましたが、空気ヒンヤリ。各地の最高気温は平年をやや下回るでしょう。明日20日から次第に強い寒気が流れ込み、春分の日から3日間この時期としては厳しい寒さ。週末から暖気優勢となり気温上昇へ。足踏み状態だった桜のつぼみがほころびそう。

今日19日 全国的に空気ヒンヤリ

画像A

今日19日(火)は、上空には冷たい空気が流れ込み始めています。昨日18日(月)のような冷たい北風はおさまりましたが、空気がヒンヤリと感じられます。
午前11時までの最高気温は、大阪市で8.4℃、名古屋市で10.2℃、金沢市で9.5℃など東海から西で8℃から10℃くらいです。
東京都心も日差しは控えめで、午前11時までの最高気温は11.2℃と気温の上がり方は鈍くなっています。

このあと午後もあまり気温が上がらず、全国的に最高気温は平年を下回るでしょう。今日19日も暖かい服装でお過ごしください。

金曜日にかけて寒さ続く 週末以降は暖かく

画像B

21日(木)をピークに日本の上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込むでしょう。
22日(金)頃までは、最高気温が関東から西は15℃を下回る日が多く、日中も冬のコートが手放せない寒さが続く見込みです。
週末からは南から暖かな空気が流れ込んで気温が上がり、24日(日)は、東京で18℃、仙台で15℃まで上がるなど、ポカポカ陽気となるでしょう。いよいよ足踏み状態だった桜のつぼみがほころびそうです。

朝晩は霜が降りるような冷え込みに 服装に注意

画像C

21日(木)、22日(金)をピークに朝晩は一段と冷え込む所が多い見込みです。最低気温は、東京や大阪で2℃から3℃くらいまで下がり、霜が降りるほど気温が下がるでしょう。
23日(土)以降は、日に日に朝晩の冷え込みも和らぎますが、日中と朝晩との気温差がかなり大きくなりそうです。いよいよ来週は咲きたての桜を楽しめそうですが、寒暖差に注意して、お花見は調節しやすい服装でお出かけください。