メイン画像

明日16日(土)の日中は広く晴れて春の陽気となりそうです。一方、来週は強い寒気が流れ込み、20日・春分の日は日本海側では平地でも雪となるでしょう。気温が一気に低くなり、季節は冬に戻りそうです。

16日(土)広く晴れ 17日(日))西・北日本で雨や雪

画像A

明日16日(土)は日本付近は高気圧に覆われるため、日中は広く晴れるでしょう。
東北でははじめ低気圧が通過するため雨や雪が降り、暴風に警戒が必要ですが、日中は天気が回復しそうです。

明後日17日(日)は前線を伴った低気圧が北日本を通過するため、北海道、東北の日本海側、北陸では雪や雨が降るでしょう。北海道では局地的に雪が強まりそうです。風も強まるため、横殴りの雪や雨となる所もあるでしょう。
また、気圧の谷の影響を受ける九州や中国・四国は太平洋側を中心に雨が降るでしょう。
近畿から関東、東北の太平洋側はおおむね晴れて、お出かけ日和となりそうです。

20日(水・祝) 日本海側や山地では雪に

画像B

18日(月)は、北海道や東北の日本海側は雪や吹雪となるでしょう。晴れる東北の太平洋側から九州・沖縄も風が強まりそうです。
19日(火)は、晴れる所が多い見込みです。

20日(水・春分の日)は日本付近は冬型の気圧配置となり、東北の日本海側や北陸、近畿北部、山陰にかけて平地でも雪が降るでしょう。上空1500メートル付近でマイナス6度以下のこの時期としては強い寒気が東日本・西日本まで流れ込み、雪は21日(木)にかけて降りそうです。北陸では雪の降り方が強まり、雪雲はは東北の太平洋側にも流れ込みそうです。
特に山地では、雪の量が多くなる可能性があります。登山を予定している場合は、計画の変更も検討してください。
また、風も強まって、見通しが悪くなることも考えられます。交通に影響の出る可能性もありますので、最新の気象情報を確認するようにしてください。

20日(水・春分の日)は、東日本・西日本でも気圧の谷の影響で雨の降る所が多くなりそうです。

週末は春の陽気 来週は一気に寒くなる

画像C

今週末は、東京や名古屋、福岡で最高気温が20℃まで上がり、春本番の陽気となりますが、来週はグッと気温が低くなりそうです。
18日(月)の最高気温は前日より5℃以上低くなる所もあり、日ごとの気温差が大きいでしょう。
強い寒気が流れ込む20日(水・春分の日)は、東日本・西日本でも最高気温が10℃前後で、冬の寒さとなりそうです。

天気だけでなく、気温もチェックして、服装選びは慎重になさってください。体調を崩さないよう気をつけてお過ごしください。