メイン画像

16日(土)と17日(日)は季節先取りの暖かさに。東京都心や名古屋など最高気温は20℃くらいまで上がりそうです。来週は気温が急降下。20日(水)春分の日頃は強い寒気が南下するでしょう。日本海側は雪が降り、太平洋側も冬のような寒さになりそうです。

16日(土)と17日(日)は季節先取りの暖かさ

画像A

16日(土)は全国的に晴れて、行楽日和になるでしょう。17日(日)から18日(月)は低気圧が発達しながら北日本を通過する予想です。北海道や東北は日本海側を中心に荒れた天気となりそうです。雪や雨が強まり、風も強まるでしょう。北陸や近畿から九州も雨の降る所がありそうです。

季節先取りの暖気の影響で、16日(土)と17日(日)は春本番の暖かさになりそうです。東京都心は連日20℃以上と、日中は上着がいらないくらいとなるでしょう。一転して、18日(月)以降は、冷たい空気に入れ替わり、最高気温は平年並みか低くなりそうです。

春分の日頃に強い寒気が南下

画像B

20日(水)春分の日から21日(木)頃は冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込む予想です。上空1500メートル付近に平地で雪となる目安のマイナス6℃以下の寒気が西日本まで流れ込むでしょう。北海道や本州の日本海側は雪や冷たい雨が降りそうです。太平洋側も冷たい北風が吹き付けるでしょう。山は大荒れになるため、登山の計画は見直しを視野に慎重に判断して下さい。

最高気温は平年より低い所が多く、仙台や新潟は5℃、東京都心から福岡も10℃を少し上回るくらいと、冬のような寒さになるでしょう。

日々の寒暖差が大きくなりますので、体調管理にご注意ください。

九州~東海を中心に雨の降る日が多い

画像C

23日(土)から前線の影響で、九州から東海を中心に雨の降る日が多くなるでしょう。26日(火)頃は関東や北陸でも雨が降りそうです。27日(水)と28日(木)は晴れる所が多いでしょう。

最高気温は平年並みか高い日が多くなりそうです。

桜の開花どうなる?

画像D

日本気象協会の「2024年桜開花予想(第4回)」によりますと、桜の開花・満開ともに、全国的に平年より早くなる予想です。

3月下旬にかけては春分の日の前後に寒気の影響を受けますが、期間を通すと気温は平年より高く推移する所が多く、4月以降もその傾向は続く見込みです。そのため桜の花芽は順調に生長する予想です。

気象台の標本木では20日(水)春分の日に福岡や高知などで、21日(木)には東京や京都などでも開花し、3月末までに、九州から北陸にかけての広い範囲で開花するでしょう。

まだ冬のような寒さの日もありますが、桜の季節は近づいています!