コナン・グレイ、初めての交際とその終わりにインスパイアされたニューALより新曲「Alley Rose」公開

 コナン・グレイが、2024年4月5日にリリースするニュー・アルバム『ファウンド・ヘヴン』より、最新シングル「Alley Rose」をリリースした。この曲は、約2年ぶりとなるニュー・アルバムからの5曲目のシングルとなっている。

 アルバム『ファウンド・ヘヴン』は、コナンが初めて経験した交際とその恋の終わりがインスピレーションになった作品。最新シングル「Alley Rose」では次のような歌詞が歌われている。「もう僕をひとりにしないでくれ もう僕をひとりにしないでくれ / Oh どこへいったの アリー・ローズ? / Oh どこへいったの? / 君は言ったね“すごく落ち着かない” / ねえ 僕の気持ちを考えたことはある? / 君の足元でずっと待っていたんだよ / 愛してくれるかもしれないと思って」

 コナンは先日、ポッドキャスト『Zach Sang Show』に出演した際、アルバムのテーマについて、「“ファウンド・ヘヴン”は自分自身の幸せを求めることについての作品。僕はこの1年の間に初めての恋愛を経験したのだけど、うまくいかなかった。でも、そこには祝福すべきところもあって、自分もそういう感情を抱けるんだって認識できただけでも、大きな安心感があった。(“天国を発見した”を意味する)“ファウンド・ヘヴン”と名付けたのにはそういう理由もある。なぜなら、それはすごく幸せなことだから。自分を幸福にしてくれることを見つけられて、そういう感情を自分が抱けるということもわかったということなんだ」と語っている。

 また、コナンは『ファウンド・ヘヴン』を引っさげたワールド・ツアーの日程も発表されている。2024年7月にオーストラリア・ツアーからスタートして、9月から10月にかけて北米ツアーを行った後、11月にヨーロッパ・ツアーを行う。

◎リリース情報
シングル「Alley Rose」
配信中