【第96回アカデミー賞】ビリー・アイリッシュ&フィニアスが<歌曲賞>、ルドウィグ・ゴランソンが<作曲賞>に輝く

 現地時間2024年3月10日、米LAのドルビー・シアターで開催された【第96回アカデミー賞】で、ビリー・アイリッシュとフィニアスが映画『バービー』のサウンドトラックから「What Was I Made For?」で<歌曲賞>を受賞した。

 22歳のビリーは、映画『ウィキッド』に主演するアリアナ・グランデとシンシア・エリヴォから、兄でありプロデューサーでもあるフィニアスとトロフィーを受け取った後、「昨夜、この瞬間についての悪夢を見ました」とジョークを飛ばした。「アカデミーの皆さん、本当にありがとうございます。こうなるなんて思ってもみませんでしたし、予想外でした。とても幸運で光栄に思っています」と彼女は続けた。

 「この曲と映画、そしてそれが私に感じさせてくれたものに感謝しています」と彼女は述べ、映画に貢献する機会を与えてくれたグレタ・ガーウィグ監督に感謝を伝えた。「この映画に影響を受けた全ての人にこれを贈るとともに、いかに素晴らしい作品であるかを示すものです」と語った。

 兄妹にとって、今回が2度目のオスカー受賞となる。2人は2022年の授賞式で、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のために書き下ろした「No Time to Die」で同部門を受賞している。

 ビリーとフィニアスは、「What Was I Made For?」のライブ・パフォーマンスも披露した。2023年7月にリリースされたこの繊細な楽曲は、翌月米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で14位を記録した。この曲は、【ゴールデン・グローブ賞】で<最優秀オリジナル楽曲>、【グラミー賞】で<年間最優秀楽曲>と<最優秀映像作品楽曲>を受賞した。

 同サウンドトラックからは、「I’m Just Ken」も<歌曲賞>にノミネートされ、授賞式ではライアン・ゴズリングとマーク・ロンソンがパフォーマンスを行い、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュがギターで登場するサプライズもあった。

 他にも<歌曲賞>の候補に挙がっていた楽曲が披露され、ベッキー・Gが映画『フレーミングホット!チートス物語』から「The Fire Inside」、ジョン・バティステは自身のドキュメンタリー『アメリカン・シンフォニー』から「It Never Went Away」、映画『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』からはスコット・ジョージとオセージ・シンガーズが「Wahzhazhe(A Song For My People)」のライブ・パフォーマンスを行った。

 また、<作曲賞>は、映画『オッペンハイマー』のスコアを手がけたルドウィグ・ゴランソンに贈られた。

 【第96回アカデミー賞】の司会は、今年で4度目となるジミー・キンメルが務めた。授賞式は、米ロサンゼルスのオベーション・ハリウッドにあるドルビー・シアターで開催され、米ABCで生放送された。