メイン画像

今日6日、日本気象協会は「2024年桜開花予想(第3回)」を発表しました。前回発表と比べて、3月の予想気温が高く、予想開花日は早まった所が多くなりました。今年の桜の開花は全国的に平年より早く、19日に東京や高知、20日に福岡や松山などで開花する見込み。東京の桜満開は25日予想。

開花・満開の傾向

画像A

前回発表と比べ、3月の予想気温が高くなった地域が多く、予想開花日は早まったところが多くなっています。

今年の桜の開花は、3月16日に愛媛県の宇和島と高知県の宿毛からスタートする見込みです(※)。気象台の標本木は19日に東京や高知、20日には福岡や松山などから開花が始まり、3月末までに、九州から東北南部にかけての広い範囲で開花するでしょう。
※宇和島と宿毛は気象台の標本木ではなく日本気象協会の独自観測地点です。

桜の満開は、3月25日の東京と宇和島を皮切りに、こちらも3月末までに九州から北陸にかけての広い範囲で満開を迎える見込みです。
4月に入ると、桜前線はさらに北上し、4月3日には新潟、13日には秋田で、18日には青森で開花する見込みです。4月下旬には北海道へ到達し、札幌では27日に開花するでしょう。

3月上旬は寒暖を繰り返すものの、気温は全国的にほぼ平年並みで推移する見込みです。
なお、中旬から下旬にかけては、平年より高くなるところが多いでしょう。このため、桜の花芽は順調に生長し、開花・満開ともに、全国的に平年より早くなる見込みで、平年よりかなり早くなるところもあるでしょう。

言葉の説明

平年:1991~2020年の平均値

かなり早い :平年よりも7日以上早い
早い :平年よりも3日から6日早い
平年並 :平年との差が2日以内
遅い :平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い :平年よりも7日以上遅い