ジャスティン・ティンバーレイク、ニューAL『エブリシング・アイ・ソート・イット・ワズ』トラックリスト公開 イン・シンクが参加

 現地時間2024年3月4日、ニュー・アルバム『エブリシング・アイ・ソート・イット・ワズ』のリリースまで2週間を切ったジャスティン・ティンバーレイクが、米ロサンゼルスに登場した巨大なSpotifyの広告でアルバムの全トラックリストを公開した。

 南カリフォルニアにあるイベント・ビル、ザ・リーフの屋上に掲示されたデジタル看板は、ティンバーレイクが3月15日にリリースするアルバムに全18曲が収録されることを告知している。そのうちの3曲ではゲスト・アーティストとコラボしており、トラック7の「Liar」にファイヤーボーイDML、トラック10の「Sanctified」にTobe Nwigwe、そしてトラック17の「Paradise」にイン・シンクが参加している。

 既発シングルの「Drown」と「Selfish」はそれぞれトラック6とトラック15に収められる。他にも、ティンバーレイクの出身地である「Memphis」をはじめ、「Fuckin' Up the Disco」「No Angels」「Play」「Technicolor」「Infinity Sex」「Love & War」「My Favorite Drug」「Flame」「Imagination」「"What Lovers Do」「Alone」「Conditions」などが収録される。

 『エブリシング・アイ・ソート・イット・ワズ』は、ティンバーレイクにとって2018年の『マン・オブ・ザ・ウッズ』以来のスタジオ・アルバムとなる。2月にリリースされたリード・シングルの「Selfish」は、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で19位にチャートインし、ティンバーレイクにとって過去6年間で最高位となった。

 ニュー・アルバムのリリースに向けて、【One Night Only】限定公演を行っているティンバーレイクは、4月に【フォーゲット・トゥモロー・ワールド・ツアー】をキックオフする予定だ。アメリカとカナダでの日程を発表した後、彼は現地時間2月23日にヨーロッパ公演も追加し、「ワールド・ツアーと言ったのは本気だ」とコメントしていた。