メイン画像

スギ花粉が多くの所でピークを迎えていますが、今週も万全の対策が必要です。雨の日は飛散量が比較的少ないですが、この時期は普段より多くなります。油断なさらずに、対策をしっかりしてお出かけください。

雨でも油断大敵

画像A

スギ花粉のピークを迎えているため、今週も「非常に多い」日が多くなるでしょう。今週は5日(火)と6日(水)は、広い範囲で雨が降るため、飛散は抑えられますが、油断は大敵です。東京は「多い」予想となっています。雨の日は飛散が少ない傾向ですが、この時期は元々の飛ぶ量が多いため、雨でも多く飛散してしまいます。お出かけの際は万全の対策をするようにしましょう。

また、ヒノキ花粉も徐々に増えてくるころです。ヒノキ花粉で症状が出る方も、対策をした方がよいでしょう。

花粉が多く飛ぶ時間帯は?

画像B

花粉が多くなる時間帯は、その日の気象条件によって変わりますが、都市部の場合、一般的には「昼前後」と「日没後」に多くなるといわれています。

これは早朝、日の出とともに雄花が開き、放出された花粉が風に乗って都市部にやってくるタイミングが「正午ごろ」であること、そして日中、上空高くまで舞い上がった花粉は日没のタイミングで地表付近まで降りてくるためと考えられています。