メイン画像

今日3日(日)は、九州から関東にかけて、花粉の飛散量が「非常に多い」でしょう。東北も「やや多い」予想です。外に出られる方も多いと思いますが、花粉対策は万全にしてお過ごしください。

スギ花粉のピーク ピークはいつまで?

画像A
画像B

今日3日(日)は、九州から関東と東北から北海道の太平洋側は晴れる所が多いでしょう。そのため九州から関東は花粉の飛散は「非常に多い」予想です。東北は「やや多い」でしょう。

寒かった昨日2日(土)に比べて、今日3日(日)の日中は気温も上がり、お出かけや洗濯日和となります。外出の際はマスクやメガネを身に着けたり、花粉が付きにくい服装を選んだりするなど、万全の対策をとるようにしましょう。

九州から関東では、ほとんどの地域でスギ花粉の飛散のピークとなっています。このピークは3月中旬から下旬ごろまで続く見込みです。辛い時期がまだまだ続きますが、対策はしっかりしてお過ごしください。

外出時の花粉対策 服装編

画像C

花粉症の症状を緩和させるには、できるだけ花粉を避けることが大切です。以下のように、服装を工夫することで、花粉を防ぐ効果が期待できます。

① 洋服は、素材によって、花粉が付着しやすいものと、付着しにくいものがあります。一般的にウール製の衣類などは、木綿や化繊に比べて花粉が付着しやすく、花粉を屋内に持ち込みやすくなります。ウールの花粉のつきやすさは、綿に比べるとおよそ10倍にもなります。外出の際は、外側にウール素材の衣服を着ることは避けて、表面がツルツルした素材の上着を選ぶようにしましょう。

② 花粉が付着しやすいのは、洋服だけでありません。露出している頭や顔は、つばの広い帽子をかぶると、花粉が付着する量を少なくすることができます。髪の長い方は、まとめるだけでも、効果的です。また、手袋をすると、手に付着する花粉を減らすことができます。