オリヴィア・ロドリゴ、ビヨンセ新曲に合わせたTikTok動画公開「愛してます、テキサス」

 オリヴィア・ロドリゴが、【ガッツ・ワールド・ツアー】を米テキサスで開催するにあたり、同州に捧げる新たなヒット曲で気分を盛り上げているようだ。

 21歳のオリヴィアは、現地時間2024年2月28日の米オースティン公演に先立って、紫のカウボーイハットをかぶり、ビヨンセの新曲「Texas Hold 'Em」のビートに合わせて、中が空洞の特大バースデー・ケーキの小道具からコミカルに出たり入ったりするTikTokを公開した。最後にカメラに近づくと、彼女はフォロワーにカウボーイハットを傾けている。「今夜はオースティン!!!愛してます、テキサス」と彼女は投稿にキャプションをつけた。

 オースティンのムーディー・センターでの公演は、ビヨンセの地元ヒューストンのトヨタ・センターで、デビュー・アルバム『サワー』と2023年の2ndアルバム『ガッツ』の楽曲をフィーチャーしたエネルギッシュなポップ・パンク・ショーを披露した翌日に行われた。3月1日には、ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで公演を行う予定だ。

 オリヴィアは、チャートイン2週目にして、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で1位を獲得した「Texas Hold 'Em」に合わせて動画を制作した最新のアーティストだ。今週初め、TOMORROW X TOGETHERのTAEHYUNとHUENINGKAIが、この曲に合わせたホーダウン風のダンスにチャレンジする動画を公開し、その一部はすでにTikTokで30万回以上も使われている。

 オリヴィアにとって過去最大規模のツアーとなる【ガッツ・ワールド・ツアー】は、現地時間2月23日に米カリフォルニア州パーム・スプリングスのアクリシュア・アリーナで幕を開けた。8月中旬まで北米とヨーロッパを巡る約6か月間のツアーには、ザ・ブリーダーズ、ピンクパンサレス、チャペル・ローン、レミ・ウルフがオープニング・アクトとして帯同する。