メイン画像

今日3月1日は太平洋側を中心に天気が回復し、花粉が飛ぶでしょう。外出の際は対策を。3月になり、スギ花粉の飛散は最盛期に。晴れる日は花粉が大量飛散となるでしょう。

今日3月1日 太平洋側は天気回復 花粉が飛散

今日3月1日は、太平洋側は天気が回復するでしょう。日中は晴れ間の出る所が多くなりそうです。

花粉の飛散量は四国は「多い」、九州や近畿、東海、関東は「やや多い」見込みです。花粉症の方はマスクなどで対策をした方がよいでしょう。

花粉が大量飛散 万全な対策を

画像B

九州から関東はスギ花粉の飛散がピークを迎えています。

3日(日)と4月(月)頃は「非常に多い」飛散となる所が多いでしょう。万全な対策をなさってください。

5日(火)から6日(水)頃は雨が降り、飛散が抑えられる所が多いですが、7日(木)は飛散が増えて、「非常に多く」飛ぶ所が多いでしょう。

スギ花粉のピークいつまで

画像C

スギ花粉のピークの期間は、およそ10日から1か月近く続く見込みです。福岡・広島は3月上旬まで、高松・大阪・名古屋は3月半ば頃までスギ花粉の飛散のピークとなるでしょう。金沢は3月中旬、東京・仙台は3月下旬にかけてピークとなりそうです。特に、晴れて暖かい日や風が強い日は、花粉の飛散量が増えるので、万全な花粉対策を心がけて下さい。

また、ヒノキ花粉のピークは、3月下旬から4月上旬の所が多いでしょう。仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。