故マイケル・ジャクソン、伝記映画でジャクソン5を演じる俳優が決定

 ライオンズゲートとユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナルが、正式に制作が開始した故マイケル・ジャクソンの伝記映画でジャクソン5のジャーメイン、マーロン、ティト、ジャッキーを演じる8人の俳優が決定したことを発表した。

 グループ初期のジャーメインはJayden Harville(ジェイデン・ハーヴィル)、マーロンはJaylen Lyndon Hunter(ジェイレン・リンドン・ハンター)、ティトはJudah Edwards(ジュダ・エドワーズ)、ジャッキーはNathaniel Logan McIntyre(ナサニエル・ローガン・マッキンタイア)が演じる。後期では、ジャーメインをJamal R. Henderson(ジャマル・R.ヘンダーソン)、マーロンをTre Horton(トレ・ホートン)、ティトをRhyan Hill(ライアン・ヒル)、ジャッキーをJoseph David-Jones(ジョセフ・デイヴィッド・ジョーンズ)が演じる。

 映画のプロデューサー、グラハム・キングは、「この映画の実に壮大な性質上、ジャクソン5のキャリアを描くために合計10名の才能ある俳優が必要でした」とプレス・リリースで述べ、「これらの並外れた俳優とパフォーマーたちを、映画を通じて世界中の観客に届けられることに興奮しています」とコメントした。

 『マイケル』と題された伝記映画は、故マイケル・ジャクソンの人生とキャリアを追う作品で、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のキングと、故マイケルの遺産の共同執行者であるジョン・ブランカとジョン・マクレーンがプロデュースする。監督は、2001年に【アカデミー賞】を受賞した『トレーニング デイ』や2022年のウィル・スミス主演映画『自由への道』を手がけたアントワーン・フークアだ。

 実の甥のジャファー・ジャクソンが故マイケル役、ニア・ロングがキャサリン・ジャクソン役、【アカデミー賞】候補者のコルマン・ドミンゴが物議を醸したジャクソン・ファミリーの家長ジョー・ジャクソン役を演じる。ジャクソン5時代の形成期のマイケルには、9歳のジュリアノ・クルー・ヴァルディがキャスティングされている。映画は、2025年4月18日に公開予定となっている。