ダフト・パンク、等身大フィギュアがマダム・タッソーNYに登場

 米NYのマダム・タッソー館にてダフト・パンクの新しい等身大フィギュアが公開された。

 アルバム『ランダム・アクセス・メモリーズ』時代のシルクとベルベットのスーツに身を包んだトーマ・バンガルテルとギ=マニュエル・ド・オメン=クリストの等身大フィギュアは、現地時間2024年2月27日に同施設でお披露目された。2人のフィギュアは、アリアナ・グランデ、マシュー・マコノヒー、リアーナ、ビヨンセなどの一流スターたちとともに、米NYのガラ・シーンをイメージした施設内の“グロー・ガラ”エリアに設置される。

 通常マダム・タッソー館のデザイナーたちは、等身大フィギュアを制作する際にアーティストの顔を丹念に作り上げる必要があるが、ダフト・パンクはヘルメットを被っているため衣装に焦点が当てられた。等身大フィギュアのダフト・パンクは、エディ・スリマンが『ランダム・アクセス・メモリーズ』のためにデザインしたサンローランの黒いスパンコールのタキシード・スーツ“ル・スモーキング”の特注レプリカを身にまとっている。このフィギュアは、【グラミー賞】で<年間最優秀アルバム>を受賞した同作の発売10周年を祝う大規模なキャンペーンの一部となっている。

 ダフト・パンクの等身大フィギュアは、米ブルックリンのクラブAvant Gardnerで開催された、フランスのDJ集団Maison Discoとのコラボ・パーティで初めてお披露目された。

 マダム・タッソー館ニューヨークのマーケティング・エグゼクティブであるベン・シャピロは、「ともにフランスに起源をもつダフト・パンクとマダム・タッソー館のコラボレーションは、先人たちの革新性と芸術的な才能、そして国境を超えていく音楽と芸術の力を証明するものです」と声明で述べている。「“世界中の”ファンをアトラクションにお迎えし、皆さんのアイドルを“もう一度”見ていただき、ダフト・パンクとフレンチ・ハウス・ミュージックのレガシーを祝福できることを光栄に思います」とシャピロはダフト・パンクの楽曲タイトルに触れながら続けた。

 ダフト・パンクは、バッド・バニー、トラヴィス・バーカー、ルポールなど、最近マダム・タッソー館で等身大フィギュアが制作されたアイコニックなミュージシャンの一員だ。マダム・タッソー館の歴史は、フランス人の蝋人形師マリー・タッソーが英ロンドンに蝋人形館に設立した1835年まで遡る。