メイン画像

今日28日、日本気象協会は「2024年桜開花予想(第2回)」を発表しました。今年の桜の開花は、全国的に平年並みか平年より早く、東・北日本ほど平年より早くなる所が多いでしょう。桜の開花トップは、東京、名古屋、岐阜、高知の4都市で、3月21日に開花予想となっています。

開花の傾向

画像A

2024年春の桜の開花は、全国的に平年並みか平年より早くなる見込みです。東・北日本ほど平年より早くなるところが多いでしょう。

今年の桜の開花は、3月21日に東京、名古屋、岐阜、高知からスタートする見込みです。翌22日には福岡や京都などで、23日には大阪や長崎などでも開花し、3月末までに、九州から北陸にかけての広い範囲で開花するでしょう。
4月に入ると、桜前線は東北地方を北上し、4月2日には仙台で、18日には青森で開花する見込みです。4月下旬には北海道へ到達し、札幌では25日に開花するでしょう。

この冬(12月~2月)の気温は、期間を通してみると全国的に平年より高くなっています。12月から1月の高温は、温暖な地域では休眠打破の遅れにつながったと考えられますが、2月の高温は、各地の桜の開花を早める方向に働いたとみられます。
この先、3月上旬は寒暖を繰り返すものの気温は平年より低めに推移する所が多いでしょう。ただ、3月中旬から下旬の気温は平年並みか平年より高く推移する見込みです。このため、桜の花芽は順調に生長し、開花は全国的に平年並みか平年より早くなるでしょう。

※休眠打破:前年の夏に形成され休眠に入った花芽が、冬になり一定期間の低温にさらされて目覚めること

言葉の説明

平年:1991~2020年の平均値

かなり早い :平年よりも7日以上早い
早い :平年よりも3日から6日早い
平年並 :平年との差が2日以内
遅い :平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い :平年よりも7日以上遅い

東京・千代田区にある桜の標本木の様子

画像C

こちらは今日28日の東京都千代田区にある靖国神社の桜の標本木の様子です。

東京の開花予想日は3月21日。
あと約3週間ありますが、まだつぼみは小さく固いままです。

日に日に大きく膨らむつぼみにぜひ注目をしてみてください。