ケイティ・ペリー、テイラー・スウィフトのコンサートで「Bad Blood」に合わせ歌い踊る姿をが目撃

 現地時間2024年2月23日、テイラー・スウィフトの【The Eras Tour】のオーストラリア・シドニー公演初日をケイティ・ペリーが観客として楽しんだ。

 ファンが撮影した動画では、アコー・スタジアムで開催された公演でケイティが、テイラーのヒット曲「Bad Blood」に合わせて歌い踊っている姿が捉えられている。TikTokに投稿された映像では、ケイティが曲に合わせて頭を振りながら曲のコーラスを歌っており、リタ・オラも隣で体を揺らしている。ファンが撮影した他の動画には、ケイティが別のスウィフティーからフレンドシップ・ブレスレットを受け取る様子も映っている。

 米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で2015年に1位を獲得したこの楽曲は、ケイティとテイラーの確執を歌ったものとみられている。テイラーは、当時の不仲の噂をはっきり認めたことはないが、2014年に米ローリング・ストーンのインタビューで、名前は明かさなかったある女性アーティストが、自身のバック・ダンサーの一人を引き抜いたと語り、それとなくほのめかしていた。テイラーはその後、2019年のインタビューでケイティと仲直りしたと語った。彼女は当時、「(ケイティは)しばらく前に私のツアーが始まった時、本当に素敵なメモとオリーブの枝を送ってくれたんです。それ以来、私たちは良い関係を築いています」と話していた。英語で“オリーブの枝を差し出す”とは、和解や休戦を申し出るという意味で、ケイティは2018年5月に本物のオリーブの枝をテイラーの楽屋に届けるという、彼女らしい直球の方法で関係修復を申し出ていた。

 その点を証明するように、ケイティはコンサート後にテイラーと撮影したツーショット写真をインスタグラムで公開し、その投稿に「古い友人が輝く姿を見ることができたよ」とキャプションを添えた。この投稿にはほかにも、リタと一緒に「You Belong With Me」を歌っているセルフィー動画、テイラーが「Bad Blood」をパフォーマンスしている映像、そして自身のファンとの写真なども載せている。米オーディション番組『アメリカン・アイドル』の審査員である彼女は、自身にとって7回目となる番組のシーズン22が最後の出演となることを先日発表したばかりだ。

 テイラーのツアーで観客として参戦している姿を目撃されたのはケイティとリタだけではない。最近ではBLACKPINKのロゼが、2月7日に東京ドームで行われた公演に参加し、「All Too Well」の10分バージョンに合わせて歌う姿をTikTokで公開した。